ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

松尾芭蕉が愛した街、深川のススメ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

松尾芭蕉が愛した街、深川のススメ
J-WAVE月曜ー木曜14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「KODANSHA HERE AND THERE〜for reading」。6月1日のオンエアでは、文豪・幸田露伴の名著『芭蕉入門』を案内役に、松尾芭蕉ゆかりの地である深川エリアを紹介しました。

1644年、松尾芭蕉は現在の三重県伊賀市で生まれました。伊賀で俳諧(はいかい)をたしなみ、29歳のときに江戸の日本橋に移り住みました。

その頃、江戸の俳句の世界では、何人弟子を持っているかということが俳人の大きなステータスだったと言われています。芭蕉も有名な弟子を持ち、名声を築いていましたが、37歳の時に日本橋を出て、深川の草庵へと移り住んだそうです。それはいわば、賑やかな世界から身を引くような行為でした。

当時の深川は、ジメジメした湿地帯で、賑やかな日本橋から見ると、かなりの田舎。しかし、創作活動をするにはもってこいの場所でした。

芭蕉が暮らしたその家は、芭蕉庵と呼ばれていたそうで、名著『奥の細道』も芭蕉庵を拠点として旅に出て書かれたものです。しかし残念ながら、芭蕉庵は幕末から明治初期かけての頃に焼失してしまいました。

現在は、その近くに「江東区芭蕉記念館」が建てられています。地下鉄の都営新宿線、大江戸線の森下駅から徒歩7分。有料の展示室には、芭蕉関連の貴重な資料が展示されています。また、そこからすぐの隅田川を眺める史跡展望庭園には、川を眺める芭蕉像や芭蕉稲荷神社などもあるそうですよ。

森下駅界隈には、近年アートギャラリーも増え、新しいカルチャースポットとしても注目を浴びています。心地よい風が気持ち良いこの季節。芭蕉ゆかりの地を散歩しながら、アートギャラリーなどに立ち寄ってみてはいかがですか? 名物の深川めしもお忘れなく。

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

裸足で読書したい場所 油壺でビーチリーディング!(2016年05月17日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1593.html

代官山「西郷山公園」わざわざ中目黒から行く理由は…(2016年05月27日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1654.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。