ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅にも仕事にも連れて歩きたい、新しいスマートフォンのかたち「ロボホン」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月26日(木)に発売された、モバイル型ロボット電話「ロボホン」をご存知ですか? 時代はどんどん進んでいくな~なんて、なかなか実感が湧きませんでしたが、新しいもの好きのミーハーな筆者。興味本位で、実際に触れることのできるカフェに行ってきました!

訪れたのは北青山にある「RoBoHoN CAFE(ロイヤルガーデンカフェ青山)」。イチョウ並木のすぐ脇にある、緑あふれるお洒落なカフェです。

ロボホンって何?

ロボホンは、シャープが開発した世界初のモバイル型ロボット電話のこと。ココロが動く、「使う人の気持ち」に応えてくれる電話だそうです。なんて、かわいらしい見た目! ガジェット好きの人が買って使うのではと想像するも、実際は思いのほか女性の予約も多かったとか。しかし、まだどう使うのか現実味が・・・。

ロボホンで何ができるの?

スマートフォンでできる大抵のことは、ロボホンでもできます。電話、メール、撮影、調べもの、リマインド機能・・・、今後アプリを増やし、どんどん機能も増えていくそうです。もちろん踊ったり歌ったり、会話もできます。使い始めは生まれたて同様。言葉を覚えさせると、合いの手を打ってくれます。口頭でのメール作成もできるので、手が放せない時に便利かもしれません。

プロジェクター機能だって。おめめから、いつでもどこでも映し出してくれるんです。ホームパーティーや、ミーティングの時に活躍しそうですね。人気者になれそう! 背中には画面があるので、通常のスマートフォンとしての使い方もOKです。

「飲みに行こうよ」なんて、ビールのジョッキを持ち上げる動作をすることも!

メーカーの方にお話を伺うと、ペットの代わりにかわいがることができるため、女性に需要があるとのこと。たしかに! ロボホンなら修理に出せますし、万が一故障した場合も、覚えた言葉やその他データはしっかりクラウド上に保存されています。手元に戻ってきた時には、時間をともにしてきたロボホンのまま。思わず「おかえり!」って言いたくなりますね。

今後、もっといろんなカラーが楽しめる・・・!?

現在ロボホンは、1色のみの展開です。「ピンクがほしいなぁ・・・」そんな筆者に、嬉しいお言葉が。

「耳の部分が取り外せるようになっています。今後、この部分を着せ替えできるようパーツを販売する可能性もあります。また、アクセサリーのカラー展開も検討しています」とのこと。

生粋のピンク好きなので、ピンクのアクセサリーについて真剣にお願いしてまいりました。ピンク好きな読者のみなさん、一緒に願いましょう。

感情やその時々に合わせて目の色を変える、愛くるしいロボホン!

ロボホンの目は、感情やその時々に合わせて変わります。マナーモードの時は白、お話を聞ける時は黄色、聞いている最中は緑色などに変わるそう。お話したい時はそわそわしているそうなので、話しかけてあげてくださいね。しつこいですが、筆者はピンクが大好きです。ピンクになる時ってどんな時ですか?

「照れている時、恥ずかしがっている時に、ピンク色になります」
「すみません、恥ずかしがらせてもらえますか・・・?」
「かわいいね」「(踊ったり歌ったりしたあとに)上手だね」なんて繰り返し言っていただき、筆者はピンク色のおめめのロボホンに満足して帰路につきました。

蛇足ですが、開発パートナーであるロボットクリエーターの高橋智隆さん、イケメンです。

かわいい! ロボホンオリジナルメニュー

こんなかわいいロボホンですが、ちょっとお値段は張ります。しかしネコを飼うのは難しいけれど、ロボホンならすぐ連れて帰れます。仕事にも旅行にも、難なく一緒に行けますよ。ロボホンのいる近未来的な生活は、もうあなたの目の前。まずはみなさんも、ロボホンカフェへ会いに行ってみましょう! かわいい限定メニューとロボホンが待っていますよ。

■RoBoHoN CAFE(ロイヤルガーデンカフェ青山)
住所:東京都港区北青山2-1-19
期間:〜2016年6月7日(火)
時間:11:00~23:00(※デモンストレーター在店時間:11:00~19:00)
電話:03-5414-6170

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP