ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

認知症歴10年の男性 デジタル機器駆使し一人暮らし謳歌

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「認知症800万人時代」といわれて久しい。いまや中高年世代最大の関心事となった認知症にどんなイメージをお持ちだろうか。

〈もの忘れがどんどん激しくなり、新しいことも覚えられない。他人の手を患わせないと生活できないから家族に迷惑を掛けるし、一人暮らしなんてとても無理。周りとのコミュニケーションはどんどん困難になるし、徘徊して周囲に迷惑を掛けるから、外には出られない〉

 脳の認知機能という、いわば人間の“中枢”を蝕む困難な病は、言い方は乱暴だが、「患ったら最後、何もできなくなる」というイメージを生み出す。

 ところが今、そんなイメージを払拭する当事者が次々と“発信”を始めている。『認知症の私からあなたへ 20のメッセージ』の著者・佐藤雅彦さんもその一人だ。

 51歳の時にアルツハイマー型認知症と診断された佐藤さんはその後10年間、一人暮らしを続けてきた。62歳を迎えた現在は埼玉県のケアハウスに移り住んでいるが、そこでも食事サービスなど最低限の日常生活の補助を受けているだけ。

 今でも一人で散歩に出たり、友人たちと待ち合わせて県外の行楽地に足を延ばしたりする。投薬管理も自分でやり、フェイスブックを頻繁に更新──そんなシニアライフを楽しんでいる。

「認知症」という病気のイメージを根底から覆す佐藤さん。なぜそんなことが可能なのか。話を聞いた。

「認知症になると、理解したり思い出すのに時間がかかったりもするけれど、思考や感情が失われるわけじゃないんです。だから、うまく工夫すれば、色々なことができる」

 そう語る佐藤さんは、病名告知からの10数年の間に、様々な経験と生活の知恵を身につけてきた(以下、カギ括弧内は佐藤さんの発言)。

【備忘録はノートじゃなくてパソコン】

 認知症に限らず、物忘れがひどくなったと感じた時に思い浮かぶ対策は「こまめにメモする」こと。佐藤さんも、当初はノートに毎日の行動を記録していた。ところが、それではうまくいかなかった。

「どんどん漢字が思い浮かばなくなっていくので、書くたびに気持ちが落ち込むし、ノートをなくしてしまうこともよくあった」

 もともとシステムエンジニアだった佐藤さんは試しに「パソコンに入力する」やり方に切り換えてみたところ、これが成功した。パソコンなら大きいからどこにいったか分からなくなることもないし、漢字も変換候補が表示される。書く内容も変わった。

「失敗した経験を記録していると落ち込んでしまうでしょう。『できないこと』より、『できたこと』を記録するようにした。すると自然に、前向きな気持ちになってきた」

 工夫をすれば、認知症と付き合いながら生きていけそうだ──この小さな成功体験以降、佐藤さんは試行錯誤を繰り返して様々な工夫を編み出している。

【カレンダーから「今日」を簡単に見つける方法】

 佐藤さんが認知症を患うようになって苦労したのが、予定管理だ。朝起きると、その日の約束を忘れている。スケジュール帳に細かく記入してみたがうまくいかない。

「認知症だと、たくさん書いてある予定の中から、どれが今、自分の見たい情報かを見つけるのが、とても大変なんです」

 そもそも“今日”が、何月何日か思い出せないこともある。スケジュール帳のどこを見ればいいのか、どんどん分からなくなる。そこで使うようになったのが、iPadだ。予定管理アプリ「グーグルカレンダー」には、紙の手帳にない利点があるという。

「画面の左上に『今日』というボタンがあるんです。そこを押すと、今日のスケジュールだけが表示される」

 これなら“今日は何月何日か”というところから、考え始めなくていいので、心理的負担も少ない。

【携帯のアラームで「日課」を表示】

 デジタル機器は操作や設定が複雑そうだから、認知症当事者と最も縁遠いものと思われがちだが、佐藤さんは積極的に利用法を考え出している。

 たとえば携帯のアラーム。佐藤さんが使うのはガラケーだが、決まった時刻に音と合わせてメッセージを表示させる機能がある。視覚と聴覚による「思い出し」を同時にできるのはデジタル機器ならではの利点だ。

 起床時刻(6時30分)には、〈今日の予定を確認する〉と出る。前述のグーグルカレンダーを確認すること自体を忘れないようにしている。

 続いて7時35分、再びアラームが鳴ると、〈注射20単位〉の表示。糖尿病も患う佐藤さんは3食前のインスリン注射が欠かせない(1単位=0.01ml)。

「毎日必ずやることは、あらかじめ入れておく。入力や設定は、周りの人にやってもらえばいいんです」

■佐藤雅彦(さとう・まさひこ)/1954年岐阜県生まれ。認知症と診断されてからの自身の体験を綴った前著『認知症になった私が伝えたいこと』は2015年度日本医学ジャーナリスト協会賞優秀賞。「認知症とともに歩む本人の会」代表。

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本
発症まで約20年のアルツハイマー型認知症 40代から予防必要
認知症 「MCI」段階で早期診断できれば発症を防ぎ後戻り可

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP