ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最近の車は秘密の機能満載 うっかりミスをかなり防いでくれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「交通事故の約7割は認知ミスとされています。つまり、駐車場での誤発進や、運転以外に気を取られ、前方車に衝突してしまうとか…。運転技術の問題というよりは、注意していれば防げるものがほとんどです」

 そう語るのは、モータージャーナリストの岩貞るみこさん。

 車の安全技術開発は、そんな“人間の注意不足”を、車が自動で肩代わりしようということから始まったという。今では、どのメーカーも開発しており、軽自動車やスモールカーなどの小型車にも装備されている。

 例えば、驚きの機能満載の車とは以下のようなものが挙げられる。

・HONDA「オデッセイ ハイブリット」:レーダーとカメラで脱線回避を支援する「Honda SENSING」など
・NISSAN「ノート」:360度見渡せ安全を確認する「踏み間違い衝突防止アシスト」など
・MAZDA「CX-3」:側方・後方からの車両接近を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」など
・DAIHATSU「ブーン」:小型でも機能満載。踏み間違いもサポート
・TOYOTA「プリウス」:衝突回避支援、ハイビームロービーム自動切り替えなど
・Volkswagen「ゴルフ トゥーラン」:座席がワンタッチでチャイルドシートになるなど

 とはいえ、先進技術はあくまで人間のサポートのみ。すべて車がやってくれるからと過信し、車任せにするのは禁物だと、岩貞さんは注意もうながす。

「例えば、日産のアラウンドビューモニターを使えば、自分の車と周囲の環境が一目でわかります。そうなると、目視を怠りがちですが、これは絶対にダメ。むしろ、その画像を参考に、同時に目視もすれば、車両感覚を体で覚えやすくなるんです」

 先進機能はあくまで人間の“補助”。うまく使いこなせるかは、運転者しだいなのだ。

※女性セブン2016年6月16日号

【関連記事】
年収の官民格差 バス運転手は公務員677万円、民間435万円
【TMS2015】レクサス高級シートで微笑む純白ワンピース美女
元新幹線運転士の著者ならではのエピソードが満載された本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。