体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トミカに163万円の値がつく!? あなたの家にもお宝が眠っているかも!

▲現在までに6億台以上が販売されているトミカ。1970年にブルーバードSSSクーペ、コロナマークⅡハードトップ、トヨタ 2000GTなど6車種が最初に販売されました

▲現在までに6億台以上が販売されているトミカ。1970年にブルーバードSSSクーペ、コロナマークⅡハードトップ、トヨタ 2000GTなど6車種が最初に販売されました

幻のトミカが驚くような額で落札

トミカと聞いて、子供のころに遊んだなぁ、と懐かしい気分になる人も多いのではないでしょうか。たとえミニカーに興味がなくとも、その名を知らない人はいないはず。玩具メーカーのタカラトミー(発売時はトミー)が1970年から販売を開始した小スケールミニカーのトミカは、現在までに約900車種を発売し世界中で6億台以上が販売されました。

ちなみに6億台というこの数字、トミカをつなげると地球1周強になるんだとか。ただ、星の数ほど世に出回っているトミカの中には「えっ!!!!」と驚愕するほどプレミアがつく製品が存在します。

販売当時、180円だった商品が10万円を超える価格で取引されていることはほんの序の口。昨年はオークションに幻といわれていたクラウンのトミカが出展され、163万円という驚きの値段で落札されました。

「そんなお宝を持っている人もいるんだー」と他人事になるなかれ、もしかするとあなたの押し入れに眠っているトミカも驚くほどの高値がつく可能性があるかも。そこで、プレミアがつくトミカの条件を大公開しちゃいます!

ポイントは箱の色! 青と黒は要チェック!

1970年から販売しているトミカは販売していた時期やシリーズによりパッケージが異なります。コレクターは商品の販売時期やシリーズを「黒箱」「青箱」「赤箱」と箱のカラーで判別しますが、現在廃番となっている「黒箱」「青箱」には高値がつく商品が多いそう。

▲黒と黄色のパッケージで販売された商品を「黒箱」と呼び、発売時~1982年に生産されました。写真は記念すべきトミカの1作目として販売された内の1台、トヨタ 2000GT。とくにボディがレアカラーの赤であれば20万円以上の値がつくことも!

▲黒と黄色のパッケージで販売された商品を「黒箱」と呼び、発売時~1982年に生産されました。写真は記念すべきトミカの1作目として販売された内の1台、トヨタ 2000GT。とくにボディがレアカラーの赤であれば20万円以上の値がつくことも!

▲「青箱」は白地に青色のパッケージで1976年から1988年まで生産された外国車シリーズ。写真はロールスロイス・ファンタムⅥで、ボディカラーが金色だと1万円以上で取り引きされているとか

▲「青箱」は白地に青色のパッケージで1976年から1988年まで生産された外国車シリーズ。写真はロールスロイス・ファンタムⅥで、ボディカラーが金色だと1万円以上で取り引きされているとか

販売当時の不人気トミカが今は貴重に?

販売を開始してから45年以上が経過したトミカには、当然不人気車も存在します。そして、販売されていた当時は不人気だったからこそ出回っている数が少なく、現在驚くほどのプレミアがつく商品が少なくないんです。コレクターにとって、特に入手困難といわれている通称“香港トミカ”や“マスコミトミカ”がまさにこれに当たります。

香港トミカは、その名のとおり香港で生産されたトミカ。トミーが生産台数や品番の拡大に対応するため香港の業者に下請けに出したものの、国内生産製品と比べ質感が大きく劣っていたため生産を取りやめてしまいました。そのため現存する商品が少ないことで激レアモデルとなったのです。とくにギャランGTO-MRは現在、10万円以上で取り引きされています。

▲香港の業者で生産された通称“香港トミカ”はハンドルが大きかったり塗装にムラがあることなど品質が悪く生産数が少ない。写真のN360もそんな1台で状態が良い物だと5万円以上の値がつくことも
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy