体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャンピングトレーラーを改装して、移動式「ネイルサロン」始めました

生活・趣味

2010年以降、米国ではフードトラックに代表される移動店舗が急成長。その規模は、いまも拡大しています。TwitterやFacebookなどSNSで情報を発信しながら、1日に数カ所を回るのが一般的なモバイルビジネス。

こうしたフードトラックの成功例は、ファッション業界にも波及しつつあるようです。たとえばこの若き女性オーナー、「場所に縛られたくない」とフリーアドレスのネイルサロンを開店しました。

フードトラックみたいに、
移動式サロンをつくりたい!

キャンピングトレーラーを改装して、移動式「ネイルサロン」始めました

たとえどんなに小さくても、将来自分の店を持ちたい──。この記事の主人公で、ネイリストのAmber Morganさんにも、こんな独立願望がありました。けれど、彼女が選んだのは路面店ではなく、移動式のキャンピングトレーラー。

「同じネイルサロンを開くのでも、ただボケーっと椅子に座ってお客を待つのはイヤだったの。移動式のフードトラックがあるんだから、ネイルサロンが移動したっていいはずでしょ?」

「LittleThings」のインタビューにこう答えたMorganさん。温め続けた移動サロンの構想を、ついに実現する時がきました。

イチから手づくりで仕上げた、宝物のような彼女のサロン。これがちょっと素敵なんです。

【Before】
1973年製のトレーラーを
店舗へと大改造

キャンピングトレーラーを改装して、移動式「ネイルサロン」始めました

まず、彼女が手に入れたのは1973年製のShasta Camper。キッチンやベッドは付いていますが、正直オンボロのキャンピングトレーラーです。

パートナーは
日曜大工好きのお父さん

キャンピングトレーラーを改装して、移動式「ネイルサロン」始めました
キャンピングトレーラーを改装して、移動式「ネイルサロン」始めました

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会