ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

キャンピングトレーラーを改装して、移動式「ネイルサロン」始めました

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2010年以降、米国ではフードトラックに代表される移動店舗が急成長。その規模は、いまも拡大しています。TwitterやFacebookなどSNSで情報を発信しながら、1日に数カ所を回るのが一般的なモバイルビジネス。

こうしたフードトラックの成功例は、ファッション業界にも波及しつつあるようです。たとえばこの若き女性オーナー、「場所に縛られたくない」とフリーアドレスのネイルサロンを開店しました。

フードトラックみたいに、
移動式サロンをつくりたい!

たとえどんなに小さくても、将来自分の店を持ちたい──。この記事の主人公で、ネイリストのAmber Morganさんにも、こんな独立願望がありました。けれど、彼女が選んだのは路面店ではなく、移動式のキャンピングトレーラー。

「同じネイルサロンを開くのでも、ただボケーっと椅子に座ってお客を待つのはイヤだったの。移動式のフードトラックがあるんだから、ネイルサロンが移動したっていいはずでしょ?」

「LittleThings」のインタビューにこう答えたMorganさん。温め続けた移動サロンの構想を、ついに実現する時がきました。

イチから手づくりで仕上げた、宝物のような彼女のサロン。これがちょっと素敵なんです。

【Before】
1973年製のトレーラーを
店舗へと大改造

まず、彼女が手に入れたのは1973年製のShasta Camper。キッチンやベッドは付いていますが、正直オンボロのキャンピングトレーラーです。

パートナーは
日曜大工好きのお父さん


Morganさん最強のサポーターとなったのは、日曜大工が得意な彼女のお父さん。二人は、トレーラー内部をほぼスケルトン状態にして、少しずつ手づくりでサロン仕様に組み替えていきました。

ところでMorganさん、今回のリノベーションにおけるカラーセレクトが最大のキモだったと語ります。狭小空間をできるだけリラックスしてもらうための工夫として、配色やパターンに並々ならぬこだわりを見せたのも、NYのファッション工科大学出身の彼女ならではの視点から。

「自信あり」と豪語するカラーリングは、カリフォルニア州パームスプリングスのアールデコ洋式の建物を意識してのもの。白とピンクを基調にした柔らかいイメージに決定しました。

そして、自らペインティング。

椅子やテーブルはお父さんが担当しました。

じつは彼女、今回のDIYを開始する前は、厳格なお父さんに少なからず畏怖の念を抱いていた、とブログで心情を吐露しています。けれど、それも日々顔を付き合わせて二人で金槌をふるい、ペンキを塗るうちに、どこかへ吹っ飛んでしまったんだとか。

「そりゃあそうでしょう!」。この完成度を見たら、思わずそう言いたくなるくらい、キュートな移動式ネイルサロンが出来上がり。

【After】
“こぢんまり”が
丁度いい空間

Photo by Chriselda Photography

Photo by Chriselda Photography

父娘でイチから手づくりした、これがMorganさんの新たな城。自然光が降り注ぐ気持ち良さそうな作業場。

Photo by Chriselda Photography

Photo by Chriselda Photography

必要最小限に留めた車内の設備ですが、センスが光る調度品もSO GOOD!

SNS展開するネイルサロン
街道沿いにオープンしてます

マニキュアやペディキュアをするという意味の造語(mani-pedi)をもじって付けた店名は「The Mani-Camper」。後ろにはしっかりキャンピングトレーラーを配しています。

街道沿いに駐車したトレーラーだけ見ても、何のお店なのか知らなきゃ入りづらいですよね?でも、店の予約はもちろん、お店の移動先はすべてFacebookでチェック。これが、移動店舗のモバイルビジネスたるゆえんです。

店舗家賃にかかるコストが抑えられれば、その分施術にかかる費用も抑えられると、Morganさん。なるほど、確かにネイルの施術にはそれほど大きなスペースも必要ありません。利用客にとっても嬉しい「移動店舗」なのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Amber Morgan,Little Things

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP