ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カシオのWSD-F10はSamsung製プロセッサを採用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カシオの Android Wear スマートウォッチ「WSD-F10」に Samsung のプロセッサが仕様されていることが分解図より判明しました。ほぼすべての Android Wear スマートウォッチでは製品発表の時点で搭載プロセッサのブランドが明らかにされているのでが、カシオは WSD-F10 の発表時から今まで、公式スペックシートにこの機種で使用しているプロセッサの情報を公開していません。なぜプロセッサ情報を公開していないのかは分かりませんが、分解図によると、WSD-F10 には Samsung の ARM プロセッサ「S5P3472X02」が使用されています。どうやら Android Wear で一般的な Snapdragon ではなかった模様です。Samsung 製なのはプロセッサだけではなく、RAM や ROM を含む主要 5 パーツで Samsung 製を使用しています。Source : ewisetech

■関連記事
HandtecにHuawei P9 Plusが入荷した模様
WordPressのAndroidアプリがv5.4にアップデート、Gravatarの変更やSmartLockに対応
Android版Google+がv8.0にバージョンアップ、投稿画面が刷新

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP