ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イマドキ女子が涙する、邦画No1は!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近、涙したことはありますか?先日、参天製薬株式会社がイマドキ女子(20~40代)3000人に「イマドキ女子が涙する邦画調査」を実施したところ、1か月以内に涙を流して泣いたことのある人は約7割だったそうです。泣いた理由で最も多かったのが「映画・テレビを見て」、次いで「仕事での悔しい思い」、「彼との喧嘩・別れ」の順でした。


そして、現在公開中の泣ける映画とウワサの「世界から猫が消えたなら」にちなみ、「最も泣けた映画」も調査。2000年以降に公開された国内の名作25作品の中から「最も泣けた映画」ランキングとして発表されています。 泣ける邦画No1に選ばれたのは大沢たかおさんや柴咲コウさん、森山未來さんらが出演した「世界の中心で、愛を叫ぶ(セカチュー)」(2004年東宝)でした。主題歌も大ヒットでしたね。ランキングを見てみると、TOP3は恋愛の裏に人の生死を扱った作品となっています。生死を越えて、純愛を貫く姿勢がいつの時代も女子の涙を誘うようです。最後に現在展開している参天の「世界から涙が消えたなら」キャンペーンですが、ななな、なんと100万円相当の「涙形ダイヤモンドペンダント」が当たるそうですよ!すごい太っ腹ですね! 
参天スペシャルサイトhttps://www.santear-sekanami.jp/campaign/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
板野友美の放送禁止映像がネットに流出!
女性に聞いた!強引にキスされても良いと思う男性芸能人は?
すごくかわいい!「不思議の国アリス」をテーマにしたカフェ

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP