体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「DIY」でウッドデッキつくってみた[後]完成までの道のり

「DIY」でウッドデッキつくってみた[後]完成までの道のり

前編では、ウッドデッキをDIYで施工すると決めてから、ネットで発注したところまでを紹介した。後編では、いよいよ木材が届き、完成するまでを紹介する。

とうとう木材が届いたが、搬入だけでグッタリ……

ネットで10万円を超える「素材のみ」を購入するのはかなり勇気がいったが、後悔してもしかたがない。ただこの時点では、若干DIYを甘くみていたかもしれない。もうすぐ3連休があるから、そこで集中して作業すれば、3日間で終わるだろう。そんな気持ちで、連休初日に木材が届くよう手配した。

配送会社が到着したのは、連休初日の夕方。計51本という量は想像以上に大量で、1本1本が重い。木材を購入した店から「配達するのは駐車場まで」という連絡があったので、そこから家に搬入するのは自分たちでやらねばならない。大人2人でせっせと運ぶこと約1時間。初日はベランダに搬入するだけでグッタリ。明日は間違いなく筋肉痛だ……。【画像1】運び込まれた状態のベランダが、こちら。初日は結局、木材を運ぶだけで終了した。本当にこれをウッドデッキにできるのか? しばし、途方に暮れる(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】運び込まれた状態のベランダが、こちら。初日は結局、木材を運ぶだけで終了した。本当にこれをウッドデッキにできるのか? しばし、途方に暮れる(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

誤算やハプニングの連続! 「電動ノコギリ」を出動

翌朝、いざ施工に取り掛かる。ここで誤算が発覚。

発注時に180cmで発注した木が、実は185cmなど少し余裕をもたせてカットされていることが判明。このままでは木がベランダのサイズにはまらない。ぴったりにするには、自分たちでカットしなければ……。

たしかにS店のサイトには「長さはばらつきがあり若干の誤差が生じる場合があります」と注釈が。こういうところは実店舗で購入するのとは違う点で、いたしかたないか。でも、51本、全部切るの?!【画像2】工具箱にかろうじて見つけたノコギリで、地道に切っていく(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】工具箱にかろうじて見つけたノコギリで、地道に切っていく(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

作業台に設置し、サイズを測って鉛筆で線を引いて手動でギコギコギコ……ダメだ。1本切るのにこんなに時間がかかっては、この大量の木材は永遠にただの木材のままだ。

そこで思い出したのは、ホームセンターのレンタル工具。丸ノコとよばれる電動ノコギリをレンタルすることにした。さっそく近所のホームセンターに行き、500円で丸ノコをゲット。【画像3】丸ノコで一気にカット。「ウィーン」という音はさほど大きくはない(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】丸ノコで一気にカット。「ウィーン」という音はさほど大きくはない(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

すると、なんということでしょう~? 手動カットでは1本3~5分かかっていた作業が、丸ノコを使用するとほんの数秒で終わる。すばらしい。生まれて初めて丸ノコを使ったが、使い方も分かりやすく素人でも難なく扱えた。DIYがうまい人になったみたいでちょっとテンションが上がる。

木がベランダのサイズ通りに切れさえすれば、あとは床板を枕木にネジで打ち付けていく。同じ作業の繰り返しだ。

1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。