ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「DIY」でウッドデッキつくってみた[後]完成までの道のり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

前編では、ウッドデッキをDIYで施工すると決めてから、ネットで発注したところまでを紹介した。後編では、いよいよ木材が届き、完成するまでを紹介する。

とうとう木材が届いたが、搬入だけでグッタリ……

ネットで10万円を超える「素材のみ」を購入するのはかなり勇気がいったが、後悔してもしかたがない。ただこの時点では、若干DIYを甘くみていたかもしれない。もうすぐ3連休があるから、そこで集中して作業すれば、3日間で終わるだろう。そんな気持ちで、連休初日に木材が届くよう手配した。

配送会社が到着したのは、連休初日の夕方。計51本という量は想像以上に大量で、1本1本が重い。木材を購入した店から「配達するのは駐車場まで」という連絡があったので、そこから家に搬入するのは自分たちでやらねばならない。大人2人でせっせと運ぶこと約1時間。初日はベランダに搬入するだけでグッタリ。明日は間違いなく筋肉痛だ……。

【画像1】運び込まれた状態のベランダが、こちら。初日は結局、木材を運ぶだけで終了した。本当にこれをウッドデッキにできるのか? しばし、途方に暮れる(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

誤算やハプニングの連続! 「電動ノコギリ」を出動

翌朝、いざ施工に取り掛かる。ここで誤算が発覚。

発注時に180cmで発注した木が、実は185cmなど少し余裕をもたせてカットされていることが判明。このままでは木がベランダのサイズにはまらない。ぴったりにするには、自分たちでカットしなければ……。

たしかにS店のサイトには「長さはばらつきがあり若干の誤差が生じる場合があります」と注釈が。こういうところは実店舗で購入するのとは違う点で、いたしかたないか。でも、51本、全部切るの?!

【画像2】工具箱にかろうじて見つけたノコギリで、地道に切っていく(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

作業台に設置し、サイズを測って鉛筆で線を引いて手動でギコギコギコ……ダメだ。1本切るのにこんなに時間がかかっては、この大量の木材は永遠にただの木材のままだ。

そこで思い出したのは、ホームセンターのレンタル工具。丸ノコとよばれる電動ノコギリをレンタルすることにした。さっそく近所のホームセンターに行き、500円で丸ノコをゲット。

【画像3】丸ノコで一気にカット。「ウィーン」という音はさほど大きくはない(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

すると、なんということでしょう~? 手動カットでは1本3~5分かかっていた作業が、丸ノコを使用するとほんの数秒で終わる。すばらしい。生まれて初めて丸ノコを使ったが、使い方も分かりやすく素人でも難なく扱えた。DIYがうまい人になったみたいでちょっとテンションが上がる。

木がベランダのサイズ通りに切れさえすれば、あとは床板を枕木にネジで打ち付けていく。同じ作業の繰り返しだ。

■作業工程

(1)枕木を置く

(2)枕木の上に垂直に面材(床板)を3mm間隔を開けて置いていく

(3)ビスをまっすぐ打つために目印となるヒモを引いておく

(4)ネジを打ち込む場所を決め、キリで下穴を開ける

(5)皿取り(ビスの皿頭を沈めるために円錐のスペースをつくること)をする

(6)インパクトドライバーでネジを枕木に打ち込む

【画像4】慣れてしまえば、この作業を黙々と繰り返すだけだ(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

慣れるまでは工具の使い方もたどたどしく、力の入れ加減によってキリが何度か折れてしまい、そのたびにホームセンターに買いに走るハプニングもあったが、最初は黙々と打ち付けていたのが、次第に夫と楽しく会話をしながらできるようになり、好きな音楽をかけて鼻歌を歌いながら作業するまでに。

そしてなんとかすべての木材のカットとネジの打ち込みが完了。

仕上げは、裸足で立ったときの感触をなめらかにすべく、床板の表面をヤスリがけする。面積が広範囲のため、またもやホームセンターで「電動サンダー(電動ヤスリ機)」を500円レンタルしてみたが、これは予想外に出る音が大きく、ずっとサンダーをかけているとご近所からクレームがきそうなので断念し、手動でヤスリがけをすることにした。

【画像5】ヤスリ紙でやさしく軽くなでるだけでどんどん木くずが出る。これなら電動の機材いらずで、労力もかからない(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

そして最後に、耐久性をより高めるための、オイルステイン塗料の塗装。リビングの床の色に近い塗料にすると、リビングが広く見えるのだが、購入したオイルステイン塗料は「ナチュラル色」と書いてあったものの、予想よりも茶色が濃かった。当初の想定とは違い、イタウバ本来の色は上塗りされてしまったが、よりウッドデッキらしい印象になったので、まぁよしとする。

【画像6】ハケでサッと薄く塗るだけでも、しっかり塗料がつく。このくらいの労力であれば、2年に1度くらい塗りなおせそう(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

完成! ビフォー&アフターを公開!

塗料を塗って一晩乾かし……ようやく完成! ビフォー&アフター写真を一挙公開。

まずは、ビフォー。

【画像7】アウトドアグッズやら掃除グッズがごちゃっと置いてあった。掃き出し窓のすぐ近くに置いていたのは、引越し前の部屋のベランダで使用していた「すのこ」(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

そして、アフターがこちら。

【画像8】何も置かなければ意外と広かったのね(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

【画像9】IKEAで購入したアウトドア用のテーブルとイスを置いてみる(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

わが家のウッドデッキ活用例をご紹介

ウッドデッキがあると、必要以上に外に出たくなるようになった。わが家のウッドデッキライフを一部ご紹介しよう。

(1)ベランダで朝食をとる

【画像10】なぜかパンケーキを食べたくなる(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

(2)子どもが外の空気を吸いながらのびのび遊べる

【画像11】裸足でベランダに出てキャッキャとしゃぼん玉を追いかける娘(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

(3)ハンモックに揺られて日光浴をしながらお昼寝ができる

【画像12】紫外線対策は万全に(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

(4)夕方、心地よい風を感じながら飲み会をする

【画像13】1階なので虫も多く、蚊帳をかけて防御(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

(5)余った木材で、収納棚をつくる

【画像14】エアコンの室外機の上を有効活用できた(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

(6)余った木材で、花を飾る棚もつけてみた

【画像15】ベランダの居心地がよくなると、ガーデニングも趣味になる(写真撮影/SUUMOジャーナル編集部)

ほかにも、夏になったら幼児用のプールを出したり、竹を切って流しそうめんをしたり、ガーデニングコーナーをつくってベランダ栽培をするのも楽しそうだな……などと今から妄想している。

夫婦共働きのため、結局は当初想定していた3日間では終わらず、週末の何回かをDIYに費やしてようやく完成までこぎつけた。かかったトータルの時間はおよそ16時間。だがこの時間は、1歳児の面倒を見るために交代で1人ずつDIYをしていたため、大人2人で集中して作業をすれば、もっと短時間ですんだだろう。

ほぼDIY経験のない初心者でも、ウッドデッキの施工は、やってやれないことはないと実感した。DIYをすることは「コストダウン」や「世界にひとつしかないオリジナリティあるものがつくれる」などのメリットがあるが、何より大事なのは、「めんどくさい」と感じずに、作業自体を楽しむことだと思う。筆者は完成したあともしばらく「DIY楽しかったな~。またやりたいな」と余韻に浸るほどだった。

この記事では準備段階から工程の詳細、完成までをお伝えしようと思い少々長くなってしまったが、これから実際にDIYでウッドデッキを設置したいと思っている読者の方に、少しでも参考になればうれしい。
元画像url http://suumo.jp/journal/wp/wp-content/uploads/2016/06/111961_main.jpg
住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

関連記事リンク(外部サイト)

「DIY」でウッドデッキつくってみた[前] プロだといくら?
DIY初心者におすすめ、ホームセンターで壁紙張り&ペイント体験
工房でできるDIY。アイアンスツール制作で溶接にもチャレンジ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP