ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

[PR]PayPal先進国ブラジルで体感 サイフがなくてもタクシー配車アプリからPayPalで支払いできる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

[PR]PayPal先進国ブラジルで体感 サイフがなくてもタクシー配車アプリからPayPalで支払いできる
2016年のオリンピック開催地として注目の集まるブラジル・リオデジャネイロ。PayPalはモバイル決済で普及が進む“PayPal先進国”ブラジルのリオデジャネイロで、6月2日から5日にかけてブロガーツアー『Rio by PayPal』を開催。オリンピック観戦で訪問客が今後激増するリオデジャネイロで、利便性の高い決済手段としてPayPalの活用方法をツアー参加者に紹介していく内容になりそうです。ガジェット通信はこの『Rio by PayPal』を取材させていただくことになりました。第1回の記事は到着日。タクシー料金の支払いにPayPalを利用するモバイル決済を体感します。

riobypaypal1_2
riobypaypal1_3
5月31日に成田空港を出発、ニューヨークで乗り継ぎ、地球を半周して6月1日にリオデジャネイロに到着した筆者。『Rio by PayPal』の開始は6月2日からなので、ホテルにチェックイン後に近くのショッピングモール“RioSul”をブラブラしてみることにしました。行きは通常のタクシーで現金払い。23レアル(約701円)でした。

riobypaypal1_4
昼食を食べたり家族へのお土産を買ったりして、ホテルへ戻ることに。ここで、現地を案内してくれる通訳さんがふだん使っているタクシー会社“99Taxis”の配車アプリでタクシーを呼んでもらうことにしました。

この配車アプリ、スマートフォンのGPSの位置情報から、ユーザーの近くにいるタクシーを手配する機能だけでなく、モバイル決済の機能も利用できるのです。

riobypaypal1_5r
riobypaypal1_6
タクシーを呼ぶ際、決済方法に「PayPal」を選択。

riobypaypal1_7
到着したタクシーでは、運転手さんもモバイルアプリを使っています。

riobypaypal1_8
ホテルに到着。メーターを見てみると、料金は15.65レアル(約477円)。行きよりだいぶ安いです。

riobypaypal1_9
運転手さんがアプリにメーターの料金を入力して乗客に確認してもらい、乗客はあらかじめ設定してあるPINを入力するとこれを承認、PayPal口座からタクシーにPayPalで料金が支払われます。現金やクレジットカードを使わず、スマートフォンだけで支払いができるのは便利ですよね。

実際に通訳さんが支払った金額は14.08レアル(約427円)。実は、PayPalで支払うと10%の割引が適用されるのです。ブラジルでは、PayPalを使うと割引、というケースがけっこうあるのだとか。

riobypaypal1_10
通訳さんにはタクシー代を立て替えてもらったので、PayPalのモバイルアプリを使って、筆者から通訳さんに立て替え分を支払うことも簡単にできました。両替を介さずに、異なる通貨間で気軽に受け渡しができるのもPayPalの特徴ですよね。

明日から『Rio by PayPal』で訪れるリオデジャネイロの名所を紹介していきます。お楽しみに。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。