ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電話ボックス型の「世界一せま〜いディスコ」が大人気!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ベルリンに、長蛇の列をつくっているお騒がせな“ハコ”があるとか。ただし、一度に入れるのはほんの数人だけ。え!一体どんなノリなの?

密室ダンスホールに突入!

その名も「teledisco(テレディスコ)」。レトロな見た目ですが、侮るべからず。

まずは選曲します。

コインを投入。1曲2ユーロ(約250円)。

中に入りましょう。ただ音楽が流れるだけだと思ったら大間違いです。

「4つのボタン」がポイント。

上から順に。

01.フォグボタン(霧)
02.ミラーボタン
03.ディスコボールボタン
04.ストロボボタン

これは楽しめそうな予感。フォグをポチ。

霧がブシュ〜!

スモークがモクモク!お次はディスコボールボタンとストロボでしょうか。

1㎡ディスコに様変わり。

誰が待ち望んだか、まさにワンルーム以下の世界最小ディスコ!しかも、

写真・動画まで撮れるのだ!

外に出るとプリクラと同じ要領で写真がプリントアウト。リンクが書かれており、動画がダウンロードできるそう。

ふたり組で入ろうものなら身動きが取れなくなってしまいそう小さな空間ですが、すべてをシャットアウトした密室の中で自由を謳歌できます。動画を見ると、最大3~4人くらいが限界?いえいえ。一時パリに設置された際には、なんと9人ものゲストが入店したとか。

2016年1月のリリースによれば、計3台のテレディスコがあり、うち2台はベルリンの街中に。クラブを愛する若者たちを中心に愛されているようです。そのほか、1台は移動可能なもの。イベントで見かけたら、ぜひ入ってみたいですよね!

ウソでしょ!?
本体価格は4万円台。

なにより驚くのは、この本体価格。「Oddity Central」によれば、このテレボックスは1台350ユーロ(約4万3,000円)で購入できるそうです。注文ページはありませんが、気になった人は、ぜひwebサイトから問い合わせてみて!

Reference:Oddity Central
Licensed material used with permission by teledisko

関連記事リンク(外部サイト)

音楽フェスに行って踊りまくると、どの位カロリーを消費するの?(動画あり)
店舗が電話ボックス!?ロンドンにオープンした「サラダショップ」はひと味違う

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP