ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KenKenお気に入りゲイバー女将「ドアが壁に…」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE 月曜−木曜22時からの番組「AVALON」(火曜ナビゲーター:KenKen)。5月31日のオンエアでは、KenKenに「異性への苦手意識を克服するマニフェストを考えよ」という課題が与えられました。

さっそく街で声を集めたところ、「男性と話すのが苦手。話題づくりが難しい」(女性)、「男子校出身で、あまり女性と接してこなかったので…」(男性)など、異性と接することが苦手な若い男女の声が寄せられました。実際に楽天オーネットの調べによれば、なんと65パーセントもの若い男女が「異性が苦手」と感じているという調査結果が出ているとか。

実はKenKenも20歳まで、女性に声をかけることが苦手だと感じていたそう。当時は今よりも派手な格好をしていたため「俺なんてきっと引かれる…」と思っていたことが原因だったそうです。そこでKenKenは、今回の課題をある人物に相談することに。

「二丁目から来たわよ、小走りで」と現れたのは、ドラァグクイーンで星屑スキャットのメンバー、メイリー・ムーさん。ムーさんは、KenKenが唯一行くという新宿二丁目にあるゲイバー「在龍」の女将でもあるのです。

男性と女性の両方の気持ちがわかり、女将としてさまざまな人々を見てきたムーさんに、なぜ異性が苦手な若者が増えているのか聞いてみると…

「(インターネットの普及で)誰とも会わなくても一日楽しく過ごせるようになりましたもんね。でも、なんとなく虚しいというか。ヘッドフォンして動画を見ていても、人肌恋しいっていう気持ちが絶対に出てくると思うんですよね」(ムーさん、以下同)

そこで、解決方法としてムーさんが挙げたのが「ゲイバーを利用する」という方法。

「デートのとき、特に3〜4回目のデートには、ぜひ二丁目に連れてきていただきたい。なんとなく、それぞれの持ち札を出尽くして、しゃべることもないかな…ってときに、私をクッションにしていただいて。(中略)私がお手伝いしたいもん。そういう方には」

また、スタジオに登場した男性恐怖症の女性の「女性が多いと大丈夫なんですが、1対1や、男性の方が多いとダメなんです」「目も合わせられない」「スマホをいじってしまう」という言葉に対しては…

「やっぱりね、100点満点を求めてるんだと思う。今日は30点くらいだったけど、まぁいいんじゃない、みたいに諦めてあげることが大事」とアドバイスしました。

ちなみに、新宿二丁目で16年も過ごしてきたムーさんに、KenKenが「昔の伝説的な話とかありますか?」と質問すると…

ムー:今でこそ明るい話ばっかりしてますけど。やっぱりね、男の姿をした女の街ですから。けっこう嫌がらせとかもあるんですよ…。

KenKen:嫉妬は倍ありそうな感じしますもんね。

ムー:私が聞いた話ですごかったのは…ドアの鍵穴にボンドくらいなら、よくある話なんですけど。

KenKen:よくあるんですか(笑)。

ムー:ある日、店に行ってみたら、ドアのところが壁になってて。モルタルで全部埋められてたんですって。

KenKen:モルタル!(笑)

一夜にして“工事”が行われてしまったスゴい話が飛び出しましたが、普段の新宿二丁目は平和な空気が流れていて、とても素敵な場所だと話すKenKen。異性が苦手なら、ゲイのみなさんに相談するのも良さそうですね。デートで利用しても、きっと巧みな話術で二人の距離を近づけてくれることでしょう!

【関連サイト】
「AVALON」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/avalon/

KenKen「俺はゆとり教育すら放棄した最低のゆとり!」(2016年04月27日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/kenken-1.html

満島真之介も驚愕 「空想地図研究家」とは(2016年04月14日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1383.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP