ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マーク・ボラン&T.レックスの絶頂期を収めた『ボーン・トゥ・ブギー』新装版発売、記念爆音上映会が東京と神戸で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 T.レックスの一番輝いていた時代を捉えた映像作品『ボーン・トゥ・ブギー ~ ザ・モーション・ピクチャー』 が、貴重な未発表ライヴ映像とともに新装版として2016年7月8日に発売される。

 アルバム『電気の武者』、 シングル「ホット・ラヴ」「ゲット・イット・オン」が全英No.1に輝いた1972年。 リンゴ・スターからは「ビートルズを超えた!」と絶賛され、 音楽だけでなくファッションにおいても絶大な影響を及ぼし、 一躍グラム・ロックの担い手となったそのムーヴメントは“Tレクスタシ―”とも謳われた。T.レックスが一番輝いていたこの時代を捉えた映像作品『ボーン・トゥ・ブギー ~ ザ・モーション・ピクチャー』 は、アップル・フィルムズが製作を担当し、リンゴ・スターが監督、 T.レックスやデヴィッド・ボウイを手掛けたトニー・ヴィスコンティが音楽のプロデュースを務め、公開当時大きな話題となった。

 今作は、1972年3月18日に、英ウェンブリー・プールで行われた熱狂のライヴ映像、リンゴ・スターやエルトン・ジョンとの<アップル・レコード>のスタジオでのセッションや、 マーク・ボランにスポットを当てたシュールなシーンなどを挿入して出来上がった伝説のロック・フィルムで、今回初ブルーレイ化される。

 新装発売となる【2DVD】【ブルーレイ】には、未発表となる映像アーカイブを、 CDは初登場となる音源を加え、リマスター/レストア。 原盤元/レーベル側の意向により【2DVD】と【ブルーレイ】には、それぞれ異なったボーナス映像が収録されたユニークな構成となっている。 全ての映像・音源を網羅できる【ブルーレイ】【2DVD】【2CD】に加え、 【7インチレコード】(未発表音源収録)を収納した日本のみの【デラックス・エディション(ボックス仕様)】も500セット限定でリリースされる。

 また、今作の新装版の発売を記念して東京と神戸での爆音上映会の実施も決定。大迫力のライヴを爆音で疑似コンサートとして体験できる貴重な機会となる。

◎『ボーン・トゥ・ブギー ~ ザ・モーション・ピクチャー』 トレイラー
https://youtu.be/lfUJwZqPEhE

◎ リリース情報
『ボーン・トゥ・ブギー ~ ザ・モーション・ピクチャー』
マーク・ボラン&T.レックス
2016/7/8 RELEASE
ブルーレイ 5,000円(plus tax) 日本語字幕付き
2DVD 4,700円(plus tax) 日本語字幕付き
2CD 3,200円(plus tax) 日本語字幕付き
デラックス・エディション(ブルーレイ+2DVD+2CD+7インチレコード)(500セット限定)
13,000円(plus tax) 日本語字幕付き

◎イベント情報
【『ボーン・トゥ・ブギー ~ ザ・モーション・ピクチャー』新装版発売記念 爆音上映会】
東京:2016年7月4日(月) 渋谷クラブクアトロ
開場:19時00分 開演:19時30分
料金:前売2000円(入場時別途ドリンク代500円/整理番号付/全自由)
INFO: ウドー音楽事務所
http://udo.jp/Event/BAKUON/MarcBolanTRex/index.html

神戸:2016年7月18日(月・祝)
開場:10時50分 開演:11時00分
「爆音映画祭 in 神戸」にて特別1回上映
会場:神戸アートビレッジセンター B1F KAVCシアター
料金:当日 1500円(整理番号付き) KAVC会員 1300円
前売 1300円 (各回限定 50枚 整理番号付き イープラスのみで販売)
INFO: 神戸アートビレッジセンター http://kavccinema.jp

関連記事リンク(外部サイト)

ロック界最高峰の【CLASSIC ROCK AWARDS】が11月に日本で開催!ジェフ・ベック、チープ・トリック、リッチー・サンボラ、オリアンティ出演
ストーンズのロン・ウッド、68歳にして双子の女児のパパに
ジギー・マーリー、新作で前向きなメッセージを伝えたい

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP