ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジギー・マーリー、新作で前向きなメッセージを伝えたい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 レゲエ界のアイコン、ジギー・マーリーは、最近はヒューマニティに対して前向きなメッセージを伝える音楽が少ないと語る。彼はアメリカで5月20日にリリースされた自身のセルフタイトル・アルバム『Ziggy Marley』にて、これを変えたいと願っているようだ。

 マーリーは【BottleRock Napa Valley 2016】フェスのバックステージで米ビルボードに対し、「映像やその他いろんなタイプのエンターテイメントがたくさんあるが、我々には人々に向けたメッセージがあって、そのメッセージを伝えたい。人々はメッセージを受け取ってくれると思うんだ」と話す。

 しかし、そうは言うものの自身の子供のこととなると、やはりポップミュージックが一番だという。

 「娘はテイラー・スウィフトみたいな類のポップな音楽が好きさ。だから、家にはそういったものがたくさんあるよ」と明かすマーリー。インタビュアーから彼女はテイラー・スウィフトと会ったことがあるか聞かれると、「ないね。彼女はリアーナとは会ったことあるよ。リアーナの方がエキサイティングだね」と笑いながら話した。

関連記事リンク(外部サイト)

ジギー・マーリー 【グラミー賞】受賞の前作から約2年ぶりの新作が完成
ジギー・マーリー、出産直前の“美しい妻”と撮った素敵な写真公開
ボブ・マーリーの息子ダミアンがTIDALのアーティスト・オーナーに

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP