ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結成40周年のザ・ロッカーズ、7月にアルバム再発&トークライヴ開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1980年代初頭にデビューし、いまだに熱狂的なファンの支持を得るバンド、ザ・ロッカーズのアルバム3タイトルが7月に再発売され、さらに渋谷でトークライヴが開催されることがわかった。また、秋には東京と福岡でコンサートを行なう計画が進んでいる。

ザ・ロッカーズは、俳優としてテレビ、映画、舞台の第一線で長きにわたって活躍する陣内孝則が高校時代に結成し、今年でちょうど40年を迎える。ポップなメロディーをパンキッシュなサウンドに乗せ、1980年にレコードデビュー。お寺で全編を一発録りした1stアルバム『WHO TH eROCKERS』は強烈なインパクトで注目を集めるも、1982年に解散する。

その後、1989年に日比谷野音のライヴイベントに出演。1991年には渋谷公会堂でコンサートを行ない、新宿パワーステーションでのライヴはアルバム『LIP SERVICE』としてCD化するが、1990年代半ば以降は長らくの活動休止状態となっていた。

一昨年、デビュー時の穴井仁吉に次いでベースを担当した橋本潤が逝去し、追悼ライヴが行なわれた際、再びザ・ロッカーズとして5人のメンバー(ヴォーカル:陣内孝則、ドラムス:船越祥一、ベース:穴井仁吉、ギター:角英明&澄田健)が結集。久しぶりの復活を果たした。そして、昨年は福岡の夏フェス「サンセット・ライブ2015」や大みそかの「ニュー・イヤーズ・ワールド・ロック・フェスティバル」に参加するなど、活動を継続している。

バンド結成40周年となる今年は、1980年代前半にキャニオンレコード(現在はポニーキャニオン)よりリリースしたオリジナルアルバム3タイトルが7月20日に再発売。1stアルバム『WHO TH eROCKERS』には、デビュー直前に日比谷野音で開催された「REAL ROCK SEE SAW SCENE VOL.1」の未発売ライヴ音源4曲が、そして2ndアルバム『COME ON』にはアルバム未収録のシングル音源が、それぞれボーナストラックとして収められる。

また、アルバム発売の2日前には渋谷でトークイベントを開催。さらに9月には東京とバンドのホームタウン福岡でコンサートを計画中で、詳細は近日発表とのこと。1970年代半ばから80年代初頭にかけて、福岡のライヴハウスから全国区に進出し、“めんたいロック”と称されたザ・モッズ、ザ・ルースターズといったバンドが活動を継続し、近年注目を集めてきた中、今年はその先陣を切ったザ・ロッカーズに大いにスポットが当たるだろう。

アルバム『WHO THE eROCKERS』
2016年7月20日発売

PCCA-4408/¥2,400+税

<収録曲>

01.キャデラック

02.ショック・ゲーム

03.可愛いあの娘(「REAL ROCK SEE SAW SCENE VOL.1」未発売ライヴ音源/ボーナストラック) 他

※曲順未定

アルバム『COME ON』
2016年7月20日発売

PCCA-4409/¥2,400+税

<収録曲>

01.パッパ ドゥ

02.ロックンロール レコード

03.黒い眼をしてU.S.A(アルバム未収録のシング楽曲/ボーナストラック)

04.シャープ・シューズでケリ上げろ!(アルバム未収録のシング楽曲/ボーナストラック) 他

※曲順未定

アルバム『SHAKIN』
2016年7月20日発売

PCCA-4410/¥2,200+税

<収録曲>

01.グロリア

02.「涙のモーターウェイ 他全11曲

※曲順未定

トークライヴ 「WHO TH eROCKERS “THE eROCKERS IS BACK”」
日時:7月18日(月) 開場18:00/開演19:00

会場:渋谷LOFT 9 Shibuya

出演:ザ・ロッカーズ(陣内孝則、船越祥一、穴井仁吉、角英明、澄田健)、スマイリー原島(MC)

料金:前売3,000円/当日3,300円 ※別途ドリンク代500円



カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP