ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これが博多風お好み焼き!? ほらほら麺をよ~く見てくださいな!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


B級グルメと呼ばれていても、味や値段の満足度はS級グルメ

お好み焼きは、知っての通り大阪&広島が二大聖地。な~んだけど、“庶民のヒーロー飯”として全国各地で親しまれているがゆえに、その土地その土地で独自の進化を遂げていたりする。

ってことで発見しました、福岡らしいお好み焼き!

そいつをいただきに、JR鹿児島本線「博多駅」からひと駅上った「吉塚駅」に行ってきました、メシ通レポーターのマツーです。

目的の店は「吉塚駅」の目の前。

創業20余年のお好み焼き屋「あかおに」です。

まずは、この店の人気ぶりをご紹介。

福岡っコは「熱しやすく冷めやすい」からか、市内で行列を成す店はちらほら程度。しかも、その行列を長年キープし続ける店はなかなかないように思うのですが、こちらは訪れる度に入店待ちの人がいらっしゃいます。とりわけ店内が狭いワケではないし、メニューがお好み焼きだけゆえにお客さんの回転が悪いわけでもないので、これが人気の証というワケです。

ということで、早速お店にIN!

お好み焼き屋は「油が飛び散って掃除がたいへん」と聞きますが、いやはやとってもツルピカ清潔です。ひとりで訪れる女性も多いという理由がわかります。

さてさて、「お好み焼きは目でも楽しむもの」なんて語るツウなあなたは、鉄板が広がる奥のカウンター席へどうぞ。店主の、華麗にして豪快なコテさばきが楽しめますゾ。

メニューは先程もお伝えした通り、お好み焼きのみ、と潔し!!!!味のバリエーションは、トッピングでお楽しみあれ〜。

定番は「たまご」に「コーン」に「もち」に「生イカ」。「納豆」や「イカ天」を選ぶあなたは、(ハイハイ)ツウですね。以上が+各100円のトッピング。豪華にいきたきゃ、+各200円の「きのこ」「海老」「チーズ」「キムチ」「ネギ」「シーチキン」をどうぞ。

「麺入り(700円)」と「麺抜き(600円)」が選べる、ということで、お察しの通りベースは広島風。軽く食べたいって人に無理強いはできないけれど、はじめての人は、ぜひぜひ麺入りを!なぜなら、このこそが「あかおに」の特徴だからでございます~。

てことで今回は、女性ウケNo.1の「チーズ」と、店主オススメの「ネギ」を「麺入り」でオーダー。並盛りでもかなりのボリュームがあるので、腹ぺこさんでも充分お腹いっぱいになりますヨ。

とはいえマッチョな胃袋が自慢で「お好み焼き2枚くらいはペロリさ」と、キラリ歯を輝かせるあなたは、ぜひ大盛りを頼んでみて。サイズが2倍で、な、な、なんと、お値段変わらず(拍手~!!!)。ただし、食べ終わった後に「ほらね!」とドヤ顔な笑顔を見せる場合は、歯に付いた青のりのケアは忘れずに。

さてさて鉄板というリングの上で、早速、二枚の生地がにらみ合い。

おぉ〜っと! 大量に投入されたキャベツが熱い闘志を燃やしております!

そして、もやしと天かすが乱入~!!!

なんて妄想寸劇は置いておいて……

店主の伊澤さんは、もともとは和食の料理人なだけあって、実に仕事が丁寧。

仕入れたキャベツの個性に合わせて焼き時間や蒸らし時間に変化をつけたり、そもそも赤字覚悟で上質な食材を使ったり。「博多の人はお好み焼きに濃い味を求めるから」と、野菜は和風のダシで、麺はソースとXO上湯とニンニク&ショウガのペーストで下味をつけるといったこだわりよう。さらに「焼き加減で食材の味を引き出すんです」と、満席時には十数枚を一気に焼くというのに、しっかり計算をしながら絶妙な加減で火を入れていくんです。

この“料理人としての志”こそが、おいしさの理由。

「たかがお好み焼き、されどお好み焼き」な精神で、いまだに味を探求し続けているそうです。

と、ここで「出ました〜!!!」、必殺の麺攻撃!

な、なんと、鉄板に舞い降りたのは、ほ、ほ、ほ、細麺です〜。

あまたのお好み焼きツウをノックアウトしてきた伝家の宝刀は、まさに“博多の味”。

そうなんです! いわゆる“博多風お好み焼き”の正体は、博多ラーメンよろしく、バリバリの細麺なんです!

細麺を使うことによって歯切れが良くなり、キャベツ&もやしとのバランスも抜群。噛めばサクッと歯が通る、このお好み焼きがウマいのなんの!県内でも珍しい、逸品なんです。

さて、焼き上がったようです。まずは「チーズ」。

学生が多い町ということもあり、「とにかく満足して帰って」と、トッピングもたっぷり豪快! 嗚呼チーズがこぼれそうなこの写真。なんて、画力があるのでしょう!

でこちらは「ネギ」。もちろんこぼれんばかりのネギがトッピングされていて、コッテリなお好み焼きに爽やかな風味を加えてくれます。

観光客のみなさま。「博多に来たらトンコツ」もいいけど、「博多に来たら細麺」を楽しんでみてください!

最後にオーナーさんから一言「お客様おひとり一枚の注文をお願いしま~す。見た目はボリューム感たっぷりだけど、意外にペロッと完食できますよ!」と。

もし食べきれなかった場合は、無料でお持ち帰り用として包んでくれるので、ご安心を!

※金額はすべて税込です

お店情報

あかおに

住所:福岡県福岡市博多区東公園2-24

電話:092-631-5332

営業:11:30〜LO14:00/17:30〜LO21:00

定休日:土曜、日祝日

ウェブサイト:http://www.hotpepper.jp/strJ000850699/


書いた人:

マツータケシ

福岡在住。某出版社を経て、フリーのカメラマン&ライターとして活動中。好きな言葉は「一日三度のメシ」。福岡の安くてうまい穴場を発掘することにはまっている。

関連記事リンク(外部サイト)

【博多】人間の飽くなきチャレンジ精神を刺激する、 中華料理店からの挑戦状!?
【博多】嗚呼、このデミグラスソースの海で泳ぎたい! 絶品オムライスに舌鼓~【ペヒーズ】
肉のことなら肉屋にまかせろ! 精肉店で好きな部位を好きなだけ

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP