ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

週刊ダイヤモンドが報じた「謝礼交際」人妻に体験を聞いた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 経済誌『週刊ダイヤモンド』のオンライン版に掲載された「謝礼交際」の記事が話題を呼んでいる。人妻がSNSなどで知り合った男性とデートをし、「謝礼」を受け取る行為が高学歴の主婦の間で流行っているというのである。執筆したのは関西を拠点に取材するジャーナリストの秋山謙一郎氏だ。

「彼女たちは神戸の芦屋などの高級住宅地に住む専業主婦。お金には困っていないので、好奇心を満たしたり、昼間の暇を埋めるために謝礼交際をしている」

 秋山氏が取材したユウコさんは、週3回程度のデートを楽しみ、時折、「3万円から5万円程度」の謝礼を受け取る。それだけで月40万円ほどになるというから、かなりの“稼ぎ”だ。「援助交際と同じでは?」とツッコミたくなるが、ユウコさんの言い分はこうだ。

「わたしのほうから謝金をお願いしたのなら、それはおっしゃる通り援助交際かもしれません。でも、お相手のほうから共に過ごした時間へのお礼として是非に……という真心です。それをお断わりするのも気が引けますから」

 本誌記者も「謝礼交際」人妻に話を聞いた。美雪さん(42・仮名)は元大手飲料メーカーの受付嬢で、27歳の時にIT企業勤務の夫と結婚。しかし、子供に恵まれなかった虚しさから、他の男性との関係を求めるようになったという。

「ミクシィの犬好きのコミュニティで知らない男性とやりとりしているうち、『ではLINE IDを交換しましょう』という流れに。それから週末にお互いの犬を連れてデートし、その後は2人きりで会うという流れです」(美雪さん)

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
主婦らが行う店の覆面調査 謝礼は2000~1万円相当のポイント
懸賞金上限1000万円も 高額懸賞金付き凶悪未解決事件3件
30代女性と恋愛期待できる「出会いサークル」「交際クラブ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。