体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トルコの新名物!カッパドキア奇岩群に投影される壮大な3D映像ショー

生活・趣味

「カッパドキア」(Cappadocia)という場所をご存知でしょうか。トルコ南東の内陸部にある広大な地域を指し、トルコ観光の重要な拠点でもあります。

トルコの新名物!カッパドキア奇岩群に投影される壮大な3D 映像ショー トルコの新名物!カッパドキア奇岩群に投影される壮大な3D 映像ショー

カッパドキア観光の見どころは、何といっても奇岩群! まるでSFのような世界観です。異星に降り立ったかのような気分になりますね。この地域の火山が活発に噴火していた頃に噴出した溶岩流が凝固して層を重ね、更には長年の風雨や川の浸食でこのような不可思議なカタチを創り出したそう。

トルコの新名物!カッパドキア奇岩群に投影される壮大な3D 映像ショー

この奇岩群を熱気球に乗って上空から見下ろすのも、カッパドキアにおける人気のアクティビティのひとつです。そしてつい最近、同じくカッパドキアのこの奇岩群を生かした壮大な新名物が誕生したのでご紹介したいと思います。

ゼルヴェ野外博物館の新アトラクション

トルコの新名物!カッパドキア奇岩群に投影される壮大な3D 映像ショー

その新名物の舞台となるのは、ゼルヴェ野外博物館(Zelve Valley Open Air Museum)。博物館といっても広大な広大な谷そのものであり、かつて人々が住んでいた岩窟住居の遺跡です。地震や風雨の浸食で1950年代に住人はすべて移住してしまったそうですが、今では野外博物館として公開されています。イスラム教徒とキリスト教徒が同時に共存していた貴重な歴史的ポイントでもあり、先人たちの生活が垣間見られる興味深い遺跡でもあります。

ですが、この野外博物館がオープンしたのは1967年なので、ここそのものが「新名物」ということではありません。実は、この野外博物館で行われるナイトショーがその新しいアクティビティなのです。

トルコの新名物!カッパドキア奇岩群に投影される壮大な3D 映像ショー
(C) Zelve Mapping

暗闇の中の奇岩群に浮き上がる映像。そう、なんとこの奇岩を広大なスクリーンとして使い、音と3D映像を駆使したスペクタクルショーが繰り広げられるのです。

トルコの新名物!カッパドキア奇岩群に投影される壮大な3D 映像ショー
(C) Zelve Mapping

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会