ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『メイズ・ランナー2 』のローサ・サラザール、ジェームズ・キャメロン脚本の映画『Battle Angel Alita(原題)』に主演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』に出演したローサ・サラザールが、ジェームズ・キャメロンが脚本を担当する映画『Battle Angel Alita(原題)』の主演を務めることになった。

サラザールは、くず鉄の山から助け出され元通りに組み立てられた、26世紀のサイボーグを演じる。サラザール演じるアリータは、命懸けで武術のトレーニングを行い、凶悪犯を追い詰める戦士となったことだけを覚えている。

同作は、ロバート・ロドリゲスが監督を務める。ロドリゲス監督の作品には、映画『エル・マリアッチ』、映画『デスペラード』、映画『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』、テレビシリーズ『フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ』、映画『シン・シティ』、映画『スパイキッズ』シリーズがある。

キャメロンとジョン・ランドーが、彼らが率いる映画製作会社のライトストーム・エンターテインメントのもとで米20世紀FOXに向けてプロデュースを手掛ける予定だ。また2人は現在、映画『アバター』の全4作となる続編のプリプロダクション(撮影前の作業の総称)も行っているところだ。

『Battle Angel Alita(原題)』は、1億7500万ドルから2億ドルの間での製作予算が見込まれている。サラザールは発表された最初の出演キャストとなる。

サラザールは、『メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮』に加え、映画『ダイバージェントNEO』でシェイリーン・ウッドリーの相手役を務め、ダックス・シェパードが監督・主演を務める映画『Chips(原題)』に出演予定だ。パラディグムとネルソン・デイヴィスがサラザールの代理人を務めている。

サラザールのキャスティングについては、映画情報サイトのコライダー(collider.com)が最初に報じた。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。