体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

納豆王国・茨城で絶大な人気を誇る「舟納豆」の秘密に迫る【ネバうまアレンジ付】

f:id:Meshi2_Writer:20160407115616j:plain

地元の人々にとって「ごちそう納豆」的な立ち位置

納豆の生産量全国一といえば、茨城県。

水戸を中心に、納豆は県内で広く生産されています。

水戸発ブランドとして有名な「くめ納豆」や、創業100年を超える老舗ブランド「天狗納豆」などは全国的にも定番の商品ですね。

f:id:Meshi2_Writer:20160414140154j:plain

納豆づくりの中心都市、水戸に行ってみました。

駅周辺のおみやげショップに並ぶ納豆商品の充実ぶりには、びっくり!

そして街を歩けば、飲食店や居酒屋に納豆メニューがあるわあるわ。

f:id:Meshi2_Writer:20160418162440j:plain

納豆キムチや「納豆×刺身」などは基本中の基本。

納豆オムレツや納豆春巻き、納豆のから揚げに磯辺揚げなど、あるもんですねえ。とある店では納豆料理だけで15種類もあり、うならされました。

そんな納豆ワールド、茨城。私はふと、疑問に思いました。

納豆名産地で育った地元の人々に人気のメーカーって、どこなんだろう?

と。地味な聞き込み調査を続けたところ、よーく聞かれた答えが、「舟納豆(ふななっとう)」だったんです。

f:id:Meshi2_Writer:20160412105345j:plain

今日はおいしい納豆が食べたい、と思ったときの”ごちそう納豆”です。

ささやかな自分へのごほうびに。

詰め合わせを、お使い物や差し上げ物にもします。

そんな声が実によく聞かれた、「舟納豆」。

東京でも、銀座にあるアンテナショップ『茨城マルシェ』や、ごく一部の百貨店でも買えるんです。さっそく試してみたら、これが評判どおり、おいしい。粒立ちがよくて食感がしっかり。なにより、香りがいいんです。

「茨城マルシェ」では常に人気商品ランキングの上位というのも、納得!

※茨城マルシェでは売り切れのこともあります。訪問前に確認を!

サイトをみれば、まだまだ様々な商品があり、いろいろな納豆の楽しみ方が考案されているよう。メシ通レポーターの白央篤司、大の納豆好きであります。さっそく舟納豆の製造メーカーへ取材に行ってきました!

f:id:Meshi2_Writer:20160412110632j:plain
1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。