ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レキシ、アルバム試聴スタート&日本武道館公演のゲスト第1弾も!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

レキシが6月22日に発売するニューアルバム『Vキシ』の特設サイトがオープンした。

特設サイトでは、アルバム『Vキシ』の全トラックリストが初公開。アルバム収録曲の中から、ネコカミノカマタリことキュウソネコカミ参加の楽曲「KMTR645 feat. ネコカミノカマタリ」、新曲「一休さんに相談だ」、昨年11月に発売した阿波の踊り子ことチャットモンチー参加のシングル曲「SHIKIBU feat. 阿波の踊り子」の3曲が本日から試聴可能となった。その他のアルバム収録曲も発売日までの毎週水曜日に特設サイトにて公開されるので、楽しみにチェックしてみよう。

さらに、特設サイトでは、松たか子、後藤正文(from ASIAN KUNG-FU GENERATION)、チャットモンチー、キュウソネコカミ、ハナレグミ、いとうせいこうらの絢爛豪華な客演ヴォーカル陣から参加ミュージシャン、驚きのスペシャルゲストにいたるまで、各ゲスト陣が思いのままに書いたアドリブ満載の爆笑手書きジャケットも公開。他にも、恒例の本人によるセルフライナーノーツ&渡辺祐のオフィシャルライナーノーツの掲載、参加ゲスト陣のレキシネームがサラッと公開されていたりと、見てよし、読んでよしの内容盛りだくさんな特設内容が公開され、アルバム『Vキシ』の全容がこれで“ほぼ”明らかとなった。

また、特設サイトではアルバムのチェーン別オリジナル特典の画像も公開。今回もTOWER RECORDS全国各店/タワーオンライン、TSUTAYA RECORDS全国各店/TSUTAYA オンラインショッピング、HMV全国各店/ローチケHMVの3チェーンそれぞれ別柄で“ほぼ本人1/10特製一休さんステッカー”特典に決定。amazon.co.jpでは、通常盤のみに「Vキシ」特製卓上カレンダー(2016.7月〜12月)の特典が決定している。ほか、TOWER RECORDS全国各店/タワーオンラインでは、アルバム「Vキシ」購入者を対象に現在レキシが一休さんスタイルで“失笑でもいい。キミが笑ってくれるなら”とほほ笑む「NO MUSIC, NO LIFE」のポスターを抽選で30名にプレゼントする。

そして、8月17日に開催される日本武道館公演の詳細も発表された。公演概要ほか、第一弾スペシャルゲストとして、チャットモンチー、キュウソネコカミ、ハナレグミの参戦も決定し、今後の追加発表も期待したい。気になるチケット発売は本日18時〜オフィシャルファンクラブ先行からスタートし、一般発売日は7月10日に決定。先日5月28日に一般発売がスタートした大阪2公演、名古屋、福岡、札幌、仙台公演ではチケットは既に完売、日本武道館公演は前回同様にプレミアチケット必至なので、詳細は随時更新されるオフィシャルサHPぜひチェックしてみよう。

■レキシ 5thアルバム「Vキシ」特設サイト

http://rekishi-ikechan.com/free/special/feature/vkishi

【ライヴ情報】
「レキシツアー 遺跡、忘れてませんか?」

7月01日(金) 福岡 福岡サンパレス

7月06日(木) 広島 広島JMSアステールプラザ大ホール

7月08日(金) 香川 高松festhalle

7月10日(日) 宮城 仙台市民会館 大ホール

7月15日(金) 北海道 わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)

7月18日(月・祝) 福井 福井市文化会館

7月20日(日) 愛知 名古屋市公会堂

7月28日(木) 大阪 オリックス劇場

7月29日(金) 大阪 オリックス劇場

■バンドメンバー

Gt:健介さん格さん(奥田健介 from NONA REEVES)

Piano&Cho:元気出せ!遣唐使(渡和久 from 風味堂)

Ba:ヒロ出島(山口寛雄)

Dr:伊藤に行くならヒロブミ (伊藤大地)

Sax&Fl:TAKE島流し(武嶋聡)

Tp:元妹子(村上基 from 在日ファンク)

「レキシツアー 遺跡、忘れてませんか?〜大きな仏像の下で〜」

8月17日(水)  東京 日本武道館公演

■バンドメンバー

Gt:健介さん格さん(奥田健介 from NONA REEVES)

Piano&Cho:元気出せ!遣唐使(渡和久 from 風味堂)

Ba:ヒロ出島(山口寛雄)

Dr:伊藤に行くならヒロブミ(伊藤大地)

Sax & Flute: TAKE島流し (武嶋 聡)

Trumpet: 元妹子(村上基 from 在日ファンク)

■Guest

阿波の踊り子(チャットモンチ―)、ネコカミノカマタリ(キュウソネコカミ)、シャカッチ(ハナレグミ)、and more!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。