体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CNBLUE、5周年アニバーサリーツアーファイナル開催「一緒にライブができて感無量。」

エンタメ
CNBLUE、5周年アニバーサリーツアーファイナル開催「一緒にライブができて感無量。」

韓国出身4人組ロックバンド・CNBLUEが、5月31日の大阪城ホールで「SPRING LIVE 2016 〜We’re like a puzzle〜」のツアーファイナルを迎えた。

本ツアーは5月11日にリリースされたシングル「Puzzle」を引っさげたSpring Concert。5月22日の名古屋・日本ガイシホールからスタート、26、27日の東京・日本武道館、31日の大阪・大阪城ホールという3都市4公演で4万人を動員した。

<27日 東京・日本武道館ライブレポート>
日本メジャーデビューを発表した2011年の横浜アリーナライブから、アリーナの中央に設置されたステージを客席がぐるりと囲むセンターステージが定番となっているCNBLUE。今回のツアーはセンターではなく、通常のステージ位置の後方にセットを建ずに360度に客席を設けたステージ。LEDモニターの映像演出やセットに頼らず、パフォーマンスだけで勝負しようというロックバンドらしい潔さが見えるシンプルなステージ構成だ。

Photo by Seitaro Tanaka

オープニングを飾ったのは、リリースされたばかりの新曲「Puzzle」。CNBLUE初のウェディングソングとして話題の曲だが、ボーカルのヨンファはスタートから飛ばし、メインステージを囲むように延びる花道からバックステージへ走る。バックスタンド客席から手を伸ばせば届く距離で演奏が繰り広げられる。「いつものセンターステージは回転してたけど、今日はステージが回らない代わりにフロント3人が走り回ります」とドラムのミンヒョクが言ったが、この距離感は興奮必至だ。

ヨンファがギターからピアノに向かうパートでは、会場中がコーラスに参加して盛り上がる「Can’t Stop」や「hold my hands」という定番曲に加え、インディーズ時代の懐かしい曲「Lie」を演奏。新曲の公開はもちろんうれしいが、こういう意外なセットリストの妙も長いファンの心をくすぐる。

ロックでたたみかけるパートでは、「Ryu Can Do It」で久々にヨンファのラップを堪能し、「I’m sorry」では腕を上下するモラゴダンスとコール&レスポンスが炸裂。ヨンファとジョンシンは花道を走り回り、ファンの盛り上がりは最高潮に。

汗だくになったヨンファは、「シャワーしたみたい(笑)。いつもみんなが応援してくれて、ステージの上からそれを見て感動します」と感慨深げ。ジョンヒョンのMC中には男性ファンから「サランヘヨ〜!(愛してるよ)」という野太い声があがり、ジョンヒョンもファンも大爆笑。

バラードコーナーではCNBLUEの名バラードの数々を作ってきたジョンヒョンが大活躍。ジョンヒョンがアコースティックギターを弾きながら透明感のあるボーカルを聴かせる「eclipse」もライブでは久々だ。

「ダンスやりたい!」と宣言してノリノリのダンスコーナーに突入したヨンファ。ジョンヒョンからも「テンション上がりすぎ」と指摘されていたが、このところ中国で映画撮影をしているヨンファには久々のライブが楽しくてたまらない様子。「今日は2度と来ないから楽しみましょう!」と言って、「Hide and Seek」がスタートすると、ギターも持たずにとにかくダンス。「Wake up」ではせり上がりからいきなりトランペット、トロンボーン、サックスの6名のホーンセクションが登場し、ファンを驚かせる。

1 2 3次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会