ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

結婚するなら「乙女男子」がおすすめな理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫


女子のような性格や恋愛観、趣味を持ち、ガールズトークができる「乙女男子」。話しやすくて、一緒にいると居心地がいい、こんな乙女男子が最近増えているような…!?

そこで20〜30代の女性に「周りに乙女男子はいますか?」と聞いてみたところ、なんと「いる」という回答が40%も!一緒にいて楽なら、恋愛や結婚相手にベストな気がするけど、皆さんはいかがですか?

 

■友達としてはいいけど、恋愛対象ではない?

 

乙女男子に対する印象も聞いてみたところ、友達としてなら付き合いたいという意見や、彼氏や結婚相手としては考えられないという意見も!その理由は?

 

<友達として付き合いたい…83%>

●「サバサバして女子力が低い私にいろいろアドバイスをくれそう。私もやってみるー!と素直に受け止めれる気がする」(25歳)

●「私より美にたけているから、彼氏にすると私の生活に関してダメ出しされそうだけど、友達としてなら会話を楽しめて付き合えそうだから」(32歳)

●「料理下手なので、恋人や結婚相手だとプレッシャー。でも、男性好みのメニューとか教えてくれそうだから友達としてなら付き合いたい」(24歳)

 

少数派ではありますが、恋愛や結婚対象として付き合いたいという女性も!

 

<彼氏として付き合いたい…3%>

●「自分が今やってほしいこと、言ってほしいことを自ら分かって行動してくれそう」(29歳)

●「かわいいと思う。ずっと長く付き合っていけそう」(29歳)

 

<結婚相手として付き合いたい…14%>

●「自宅でいつでもおいしい料理を作ってもらえて楽しめるから、最高」(30歳)

●「友達へのプレゼントやかわいい雑貨のお店など一緒に付き合ってくれます」(31歳)

●「一緒に、料理や美容を楽しめるので日常生活が楽しくなるし、美容のお金に理解を示してくれそう」(35歳)

 

■乙女男子と付き合って、どうだった?

 

実際に乙女男子と付き合ったことがある女性に、どんな感じだったのか教えてもらったところ、なんだかうらやましくなるコメントがたくさん!

 

●「今の旦那ですが、私が体調悪い時はご飯を、美容にうとければ調べて肌に良さそうなものを教えてくれる」(34歳)

●「今の旦那が乙女男子。自分で料理してお弁当も作ってくれるので仕事で遅くなった時はご飯ができていて助かります」(29歳)

●「一緒に旅行に行った時に私が寝てる間もずーっとハートマークが付いたような目で見つめてきた」(24歳)

 

■乙女男子って恋愛や結婚相手としてはどうなの?

 

一緒にいて気楽だし、自分に尽くしてくれそうな乙女男子。彼氏にはちょっと…と決め付けるのは早計かも?作家・心理カウンセラーの五百田達成(いおた たつなり)さんに乙女男子は恋愛や結婚相手としてはどうなのかを聞いてみました!

 

「乙女男子は友達感覚で付き合えるので居心地がいいし、アクティブでセンスがいいので、女子力の高い会話やデートを楽しむことができます。友達感覚の彼と付き合いたい・結婚したいという女性にはおすすめだと思います。ただし、恋愛するとなると面倒くさい一面もあります。繊細なので女性からぐいぐいアプローチされるのは苦手。とはいえ、相手からの告白を待っているだけでは恋愛に発展するのは難しい。

 

では、どうすればいいかというと、彼らは恋愛に対する理想を持っていて、ムードも大切にします。つまり、女の子を口説くのと同じアプローチを取るのがいいでしょう。自分がされてうれしいと思うことを、相手にするだけでいいのです。気軽な女友達を演出しつつ、徐々に距離感を詰めていくことが恋愛チャンスにつながっていきます」

 

ふむふむ。乙女男子には、焦らずじっくりと距離を縮める作戦が使えそう!女友達のような感覚で付き合えるパートナーもいいな!と思った方には、狙い目ですよ!

 

 

【取材協力】

五百田達成(いおたたつなり)さん

作家・心理カウンセラー。『察しない男 説明しない女』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)シリーズ他、著書多数。

 

 

【データ出典】

ゼクシィユーザーアンケート

調査期間:2016/3/15〜4/5

有効回答数:183人(女性)

 

 

記事提供/『セキララ★ゼクシィ』

関連記事リンク(外部サイト)

年上?同年?年下?恋愛対象の男性を教えて!
今やフツウ!?目の前で泣く男ってアリ?
見た目vs実年齢、男が恋愛で重視するのは?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
セキララ★ゼクシィの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP