体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません」藤沢数希

金融日記

今回は藤沢数希さんのブログ『金融日記』からご寄稿いただきました。

「日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません」藤沢数希

「日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません」藤沢数希
楽天市場はこちら
セブンネットショップはこちら

今日、とうとう僕の本が発売されました。内容は日本、世界経済で起こっていること、そしてその背後のしくみを実際のデータを使いながらわかりやすく解説したものです。経済ニュースがよくわかる系の本としては最高峰の内容を目指しました。そしてますますグローバル化するビジネスや投資などにも役に立つように工夫しました。

世界同時金融危機、日本の長引くデフレ、中国や新興国のバブル、ユーロ危機、最近の円高、アメリカの財政問題など、最近よくニュースで聞くこれらの話題は実はどれも裏側で密接につながっています。それらを理解するには、世界的に進行したグローバル・インバランスや、金融政策や為替政策のしくみなどを学ぶ必要があります。ところがこういったことをふつうの経済学の教科書を読んでもなかなか身につきません。

そもそも経済学の教科書を読むのは時間がかかり、みんなそんなに暇ではありません。それに経済学の教科書は、ここ数年以内に起こったことのデータが入っていなかったり、そのことに関しての考察がほとんど書かれていません。必要なのはまさに最近の数年の出来事に関して、であるにもかかわらずです。また経済学の教科書は冗長で、特にビジネス・パーソンや政策担当者にまったく重要でないことがたくさん書かれており、これも時間の無駄です。

そこで、僕はまさに今世界で起こっていることを理解するためのいい本を見つけてはこのブログで紹介していました。しかしこういった日本や世界の重要な経済問題を、一冊ですっきりと理解できて、さらに面白くて、短時間で読める本というのは見つけられませんでした。そこで自分で作ることにしたのです。このチャレンジングな試みはそれなりにうまくいったと思います。政治・経済に興味がある人には、ぜひ買ってもらいたい本になりました。以下が目次です。

日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門 もう代案はありません
藤沢数希

目次

第1章 マネーは踊り続ける
世界同時金融危機と福島原発事故の類似点
史上最大、マドフの6兆円詐欺とは
日本の公的年金はマドフ事件と同じポンジ・スキーム?
ホリエモンの有罪判決がもたらしたもの
正社員と非正規社員は日本の身分制度か?
村上世彰氏の有罪判決が示した日本の資本主義の未熟さ

第2章 小一時間でわかる経済学の基礎知識
経済学の一番の目的は、貴重な資源を最適配分して社会を豊かにすること
労働市場と解雇規制
失業は社会が豊かになっていくためにどうしても必要なプロセス
市場が失敗する4つのケース
国の経済的豊かさを表すGDP
GDPをもっと理解する
現代のお金は本質的に紙くずである
中央銀行と貨幣と国債の関係
民間の銀行による信用創造で増殖するお金
貨幣数量理論による物価とお金の関係

第3章 マクロ経済政策はなぜ死んだのか?
政府はある程度景気をコントロールできるが将来の選択肢をなくしてしまう
ケインズ政策と乗数理論のダメなところ
通常の金融政策のしくみ
流動性の罠と非伝統的金融政策
なぜリフレ政策は効かないのか?

第4章 グローバリゼーションで貧乏人は得をする
グローバリゼーションは自然現象
先進国が発展途上国を搾取しているわけではない
発展途上国を本当に搾取しているもの
比較優位の原理と自由貿易によりWin-Winの関係が生まれる
貯蓄・投資バランスでわかる貯蓄と貿易黒字の関係
国際収支会計と、日本や中国がアメリカ国債をたくさん買う理由
グローバル・インバランスと世界同時金融危機の関係
物価から考える為替レート
金利から考える為替レート
マンデル・フレミング・モデルと、財政政策が効かないわけ
不可能なトライアングルとユーロ危機
グローバリゼーションが平和をもたらす

第5章 もう代案はありません
成長戦略が何もないのが一番の成長戦略
税制を抜本改正してがんばる人に報いる
税金は消費税(付加価値税)を中心にする
所得税も法人税も消費税もフラット10%
年金は清算して一度廃止する
解雇自由化で労働市場を効率的にする
日本には株主資本主義こそが必要
関税すべてゼロ、農業補助金ゼロ、農業の完全自由化を
道州制にして日本にシンガポールをたくさんつくる
教育バウチャー制度の導入で学校に競争原理を導入する
移民政策は大学と企業を入り口にする
自由市場経済を尊重する小さな政府

執筆: この記事は藤沢数希さんのブログ『金融日記』からご寄稿いただきました。

寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会