ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

入力スピードが70%アップ⁉︎使いやすさを追求したキーボードアプリ「WRIO」が良さそう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

WRIO4メールなどで英文を入力することが多いという人向けに、今回はiOSとAndroidで使える新キーボードアプリ「WRIO」を紹介しよう。

使いやすさとタイプミス防止を追求した独自のキー配置が特徴。スワイプして大文字に変換できるなど、従来のキーボードアプリにはない機能を搭載し、開発元によると入力スピードが20〜70%アップするという。

・キーが蜂の巣状

WRIOのキーは四角形ではなく六角形で、蜂の巣のように並んでいる。よく見るとキーの配置も従来のものと若干異なる。

WRIO例えば通常のキーボードだと左上には「Q」が来るが、WRIOでは「W」がくる。キーは縦5列に並び、スペースキーはない。

・スワイプして大文字に

スペースやシフトのキーがない分、一つ一つのキーは大きく、蜂の巣形をしていることで、入力しやすくタイプミスが少なくなるとのこと。

では、大文字にしたり、スペースをあけたりするにはどうするかというと、スワイプでコントロールする。

例えば、大文字にしたい時はキーを上方向にスワイプする。文字を削除したい時は左方向にスワイプ。もし勢い余って削除しすぎた時は、右にスワイプすると復元できるという便利な機能もある。スペース入力も右方向へのスワイプとなっている。

WRIO2

・30言語に対応

WRIOは英語だけでなくアルファベットを使用する30言語に対応し、メールやメッセージ入力でよく使う絵文字も用意されている。

外国語のメールやメッセージを1日に何通も書いているビジネスパーソンなどはチェックしてみてはいかがだろうか。

ダウンロードは通常360円のところ、今なら期間限定で40%オフとなっている。

WRIO Keyboard

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。