体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

老舗の米屋直営「キッチンパパ」の洋食は、ご飯がススムにもほどがある!【おかわりOK】

f:id:mesitsu_la:20160423175622j:plain

150年以上続く米屋の奥で

こんにちは、メシ通レポーターの泡です。今回やってきたのは西陣織の産地として栄華を誇った西陣エリア。

千本通から上立売通を東へ入った所にある「大米米穀店」は、創業以来159年の歴史を持つ老舗です。

f:id:mesitsu_la:20160423175613j:plain

阪急・河原町駅やJR二条駅から、市バスに乗り「千本上立売」バス停下車、徒歩2分ほど。住宅が並ぶ上立売通を東へ。

f:id:mesitsu_la:20160423175614j:plain

米穀販売コーナーの奥に洋食店があります。

戦前、戦後を通して米やうどん、パンなどを販売してきましたが、当主の大米 勝さんが20年前に米屋の奥で洋食店をスタート。これが大ヒットし、今では休日には行列もできるほどの人気店に。

f:id:mesitsu_la:20160423175615j:plain

洋食店の入口にある渋い看板。

「外食産業など食品に携わるサラリーマン生活が長かったんですけど、『自分の店がしたい』という気持ちが強くなってこの形にしました」と大米さん。それにしても、まさにこのご商売をするためのお名前ですよね。

よっ、選ばれし米の使者!

ご飯に合う洋食をデイリーに

大米さんは「どんな料理を出そうかと考えた時、イタリアンやフレンチはデイリーに来てもらいにくいし、中華もちょっと違う。洋食なら、日本人がご飯やビールに合うようアレンジしたメニューがいろいろあるしええんちゃうか! と。それで、ハンバーグが中心の洋食にしようと決めたんですよ」と語ります。

f:id:mesitsu_la:20160423175616j:plain

店内はテーブル席のみ。木目が基調の落ち着いた雰囲気です。

元々、プライベートでも料理好きだった大米さん。ハンバーグがメインのファミリーレストランにも携わっていたので、ある程度のノウハウは身に付けていたといいます。

f:id:mesitsu_la:20160423175617j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy