ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

我が家のリモコンは「コンコンコン」、とノックするだけ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

人工知能や音声認識システムを、IT機器や家電に取り入れた商品がトレンドになりつつある。こうしたスマート家電の活用とともに、未来の家はより便利にスマートになっていくに違いない。

けれど、誰でも手軽に使えないようでは、スタンダードになりようがない。直感的で、シンプルな操作性が要求されるのだ。そこでいうと、Kickstarterに登場してちょっとした話題になっているこの製品はどうだろう?

「振動」を「信号」に変える
ノック式のリモコン


これは、貼り付けた面がリモコン代わりになるデバイス。手のひらサイズの「Knocki(ノッキ)」だ。持ち歩くものではなく、壁や扉、テーブルなどに設置する。

ハンズフリーで家電を操作したいときに、テーブルや壁などにこれを設置すれば、あとはノックするだけでいい。設置したオブジェクトに伝わる振動を感知して、信号をWi-Fi経由で送信できる。

たとえば、夜遅く帰宅して玄関を開けたら、壁を「コンコン」と2回ノック、これで照明が点灯する。逆に、今度は外出の際、家のどこかに起き忘れた携帯電話を探すときも「コンコンコン」と3回ノックすれば自分の番号にコールしてくれる。

もちろん、ノックの回数やどの家電を起動させるかは、すべて設定次第。

家中どこでも
「コンコンコン」

テレビやエアコン、オーディオを操作するリビング。寝室に設置すれば、朝はノックで目覚ましアラームがオフになり、自動でコーヒーメーカーをドリップすることだって、目をつむったままできてしまう。

従来のリモコンのように、操作する場所に移動させることもなければ、画面操作やボタンの配列に悪戦苦闘する必要もなし。「コンコン」の振動で伝えるだけだから、誰でも簡単に使える。このユニバーサルデザインがGOOD。

ノックの設定は
最大10個まで

各種端末とのジェスチャー登録は、専用アプリでできる。

それにしても、振動を感知するKnockiは食器を置いたりものをぶつけたり、誤作動が起きやすいのではないか?という疑問がどうしても拭えない。ところが、ランダムに振動が起こりやすそうな場所ほど、雑多な振動を排除し、記憶したジェスチャーだけを拾ってくる。と開発者のJake Boshernitzan氏は、自信をのぞかせている。

この最小限のジェスチャーで、あらゆる家電を操作する。その様子を思い浮かべるだけでも不思議だが、いずれは「ふつうのこと」として認識されるのかもしれない。

1つ79ドル(約8,800円)でプレオーダーを受付中とのことだが、はたしてノックの回数で頭が混乱してこないものだろうか…。その斬新さゆえに、つい余計な心配をしてしまう。

Licensed material used with permission by Knocki

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP