ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ペットボトルで家づくり!パナマの「リサイクル村」が話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

様々な形でリサイクルされているペットボトルですが、「家づくり」にも使われていることを知っていますか?

パナマのボカス・デル・トーロにあるコミュニティでは、すでに120戸もの「ペットボトルハウス」が建てられていて、村と呼べるくらいの規模になっているそうです。

1万本のペットボトルで建てた
リサイクルハウス!?

プロジェクトを始めたRobert Bezeauさんは、世界中で年間2.66兆本消費されているペットボトルをなんとかリサイクルできないかと考えました。写真の家には、1万本以上のペットボトルが使われています。

まず、ペットボトルはワイヤーゲージの中に入れられ、鉄筋で補強。アーチ状など、様々な形状に対応できます。

フレームが出来上がったら、セメントを塗り、

このようにペットボトルハウスが仕上がっていくというわけ。

意外なメリットも!

じつはペットボトルで作る家にはたくさんのメリットが。例えば、中は空気で満たされていて、室内を適温に維持できるのでエコフレンドリー。

また、意外にも耐震性が高く、ローコスト。水害の多い国では、洪水に見舞われた時に臨時のイカダとしても使えます。

先進国であっても、ペットボトルの再利用には手間と費用がかかるもの。しかし、「捨てるくらいなら家を作ろう」と、まずは自分たちの手で出来ることからリサイクルを始めた彼ら。今後はこの技術を広めるトレーニングセンターの設立も検討中だとか。

Licensed material used with permission by Plastic Bottle Village

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP