ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゴッホ、ピカソ、ルノアールなどの名画を現代絵師がイラスト化!「絵師で彩る世界の名画」発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「絵師で彩る世界の名画」

ゴッホ、ピカソ、ルノアール、フェルメール、歌川国芳などが描く歴史的な名画を、現代絵師がアニメや漫画風のイラストに模写する画集「絵師で彩る世界の名画」が5月26日発売した。

日本の漫画やゲーム、アニメなどのサブカルチャーの中から生まれた、「絵師」と呼ばれるイラストレーター達。画集では、名画とイラストを見開きで見比べることができ、解説テキストや美術史年表やコラムも掲載。

絵師は、アニメ化も果たした人気漫画「ヤマノススメ」を連載している人気漫画家・しろ、ゲームのキャラクターデザインから原画まで手掛けるイラストレーター・和遥キナ、「メダロット」の原作者であるメカデザイナー・ほるまりんなどが参加。一部書店では、初回購入特典として「絵師で彩る世界の名画特製 ポストカード」も用意するという。

掲載作品は、「真珠の耳飾りの少女」(ヨハネス・フェルメール)、「落穂拾い」(ジャン= フランソワ・ミレー)、「ひまわり」(フィンセント・ファン・ゴッホ)、「叫び」(ムンク)、「アヴィニョンの娘たち」(パブロ・ピカソ)、「蛇使いの女」(アンリ・ルソー)、「牛乳を注ぐ女」(ヨハネス・フェルメール)、「ヴィーナスの誕生」(サンドロ・ボッティチェリ)、「春(プリマヴェーラ)」(サンドロ・ボッティチェリ)、「オフィーリア」(ジョン・エヴァレット・ミレイ)、「タヒチの女」(ポール・ゴーギャン)、「夜警」(レンブラント・ファン・レイン)、「風神雷神図屏風」(俵屋宗達)、「相馬の古内裏」(歌川国芳)、「接吻」(グスタフ・クリムト)、「ディヴァン・ジャポネ」(アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック)、「日傘をさす女」(クロード・モネ)など全43点。価格は2,200円(税別)。

サンプルページ1

サンプルページ2

紹介購入特典

▼リンク
「絵師で彩る世界の名画」
http://www.sideranch.co.jp/issue/mb8.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP