ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

普段は怒らない亀田誠治が怒る時は、どんな時?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜11時30分からの番組「BEAT PLANET」のワンコーナー「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」(ナビゲーター:亀田誠治)。5月31日は、シンガーソングライターの石崎ひゅーいさんからいただいた音楽に関する疑問に、亀田誠治が答えました。

石崎さんとは、東日本大震災以降、「風とロック」のイベントで何度も一緒のステージに立っているそうで、一緒に「表参道ヒルズ」で、ファッションショー(!)を行ったこともあるそうです。そんな石崎さんが亀田に聞きたい疑問とは?

「亀田さんってすごく優しいイメージがあって、亀田さんが怒ってるところを見たところがないんです。仕事、プロデューサーとして誰かに怒ったことはありますか?」

という内容でした。この疑問に関する亀田の答えは?

「こんな僕でも、特にスタッフには厳しいですよ。ただし『厳しく』するけど、怒らない。『こうしてみたら!?』と依頼するんです。『イライラする』のではなく、『依頼する』んです」(亀田、以下同)

怒りたくなるような状況や、怒らなければならない状況はあるものの、怒鳴ったことは一度もないとのこと。なぜなら、人間が怒られて萎縮したときのパフォーマンスの低下を、亀田自身が一番わかっているからだそうです。とはいえ、現場ではリーダーなので、怒鳴らないように、感情をコントロールする訓練をしたとのこと。

「具体的には、トラブルが起きた場合、自分を天国から俯瞰で見ているようなイメージを持つのです。そうすると、不思議なくらいどんな時も落ち着いて行動できて、落ち着いてアドバイスができるものです」

自分の感情をコントロールできない人が、多くの人が関わる作品をコントロールするプロデューサーになれるはずがない…というのが亀田の持論です。

「音楽は波動です。だから現場で生まれた負のエネルギーは悪い波動になって、すぐに作品に伝染しちゃうんです」

人を幸せにするためには、まず自分が幸せになること。自分が心から楽しめるように環境整備をすることが大切なのだそうで、そのためには「メールや雑務を朝片付けておく」「アーティストや楽曲に適した最高のスタッフを選ぶ」(スタッフにイライラしていたら、アーティストにもイライラしてしまうため)、などなど、自分が幸せになるための準備をたくさん仕込んでおくことが重要だそうです。

■時には叱ることも
とは言いつつ「叱って伸ばす」こともあるとか。

「ミスをしたら灰皿が飛んでくるような現場は嫌だと思うけど『悔しさ』をバネにさせる、負荷をかけて、負荷への耐性を高めていく、といったことは大事なんです。リーダーが厳しさを態度で示して、こちらの本気度合いを見せることも大事だと思います。さらなる試練を乗り越える時、いつか、そのスパルタ方式に感謝する時がくるはずです」

亀田自身は笑顔が絶えない現場を目指しているものの、プロなので結果が全て。作品が全てだということです。

■仕事が雑なのはダメ
そんな亀田が最もよくないと思っているのが、仕事を「雑」にしてしまうこと。ここでいう「雑」とは、まだ改善の余地があるのに、「これでいいだろう」と判断することだそうです。

「『楽天』と『妥協』は紙一重です。ポジティブも過剰になるとネガティブに変わります。だから、雑な仕事、雑な対応に対しては、可能な限り注意をします」

しかも、本人が、「雑」という失敗に気がついていないときは非常にまずいので、本人に「もっとていねいにしてほしい」とズバリ言うようにするとか。普段は怒るイメージのない亀田のこの一言は、効果絶大なのだそうです。

「ミスを憎んで人を憎まず。人間は不完全な生き物です。『なんでこんなに簡単なことが、あいつにはできないのか!?』と、イライラするのではなく、そのミスがなぜ生まれ、何を意味しているのかを考えてみる。(中略)たいていのミスは自分にも責任があるものです。それらが、次にいい仕事をするための素晴らしい材料になります」

もちろん、レコーディング中にアーティストが泣き出したり、会議中にクライアントが怒って帰ったりと、亀田自身、「修羅場」を何度も経験していますが、居心地の良い環境、楽しい空気は「自分の気持ち」次第で作ることができるものというのが亀田の考えです。

「僕は『しあわせ環境整備』に力を注いでいます」とのこと。何か気に入らないことがあるとつい怒ってしまいがちですが、亀田誠治の考え方は実に勉強になります。

【関連サイト】
「BEHIND THE MELODY〜FM KAMEDA」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/blog/fmkameda/

亀田誠治「オザケンの魅力はジャンルが特定できないところ」(2016年04月15日)
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/04/post-1387.html

クイズで判明した亀田誠治の意外(?)なキャラクター(2016年05月24日)

http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/05/post-1633.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP