ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀座にオープン!ビーントゥバーの旗手「ミニマル」のチョコスタンドに行ってみた♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

カカオ豆からチョコレートになるまでの全工程を一貫して行なう“Bean to Bar(ビーントゥバー)”

「最近のトレンドとして興味はあるけれど、実はあまりよく分かっていない」という方にぜひおすすめしたい新店を今回はご紹介します☆

豆からチョコまでの“製造工程を試食する”新スタイルのチョコレートブランド「Minimal(ミニマル)」のビーントゥバースタンドが本日、銀座3丁目にオープンしたので一足先にお邪魔してきました♪

「カカオ豆の違いを気軽に楽しむ」がコンセプト

店の中央にある対面式のカウンターテーブルでは、焙煎したカカオ豆を砕いて、ペースト状にし、冷やしてチョコレートにするという全工程をそれぞれ味わうことができます。

こうして出来上がったチョコレートバーは「NUTTY(ナッツの香り)」「SAVORY(スパイス・ハーブの香り)」「FRUITY(フルーツの香り)」の3カテゴリーに分けられ、常時6~7種類のチョコレートタブレット(1枚972円~)が店頭に並びます。

ちなみに筆者お気に入りのフレーバーは、アーモンドプラリネの香りと濃厚な苦味のハイチ産「ナッティ ショコラッティ」と、青りんごのような香りで仕事中にリフレッシュできそうな、タンザニア産の「フルーティー シトリック」

いろいろ少しずつ試したい!という方には、同店ではミニサイズ(3×5cm)の「テイスティングセット」(2300円税込)もありますよ~♪

こちらは好みの3種類(各3枚)が1セットになっており、プチギフトとしても活躍してくれそう♡

初めての味と触感!

チョコレート以外では、「カカオパルプジュース」(432円税込)や「ショコラトル」(702円税込)などのドリンクもテイクアウト可能。

柔らかな酸味とトロリとした食感に驚かされた「カカオパルプジュース」は、カカオの果肉(パルプ)を丸ごと味わえる栄養豊富な1杯。

スタッフさんも「原産地以外の場所で飲めるのはとても珍しい」とおすすめしていたので、ここへ来たらぜひ試してみてくださいね!

一方の「ショコラトル」は、チョコレートドリンクに生姜などスパイスを入れた「ショコラトル ジンジャー」(702円)と、「ショコラトル ティー」(648円)を販売。

こちらもかなりコク深く濃厚なお味でした。特にジンジャーはピリッとした後味がクセになり、この夏何度もリピートしてしまいそうです♪

このほか、卵や生クリームを使用せず、カカオ豆、ミルク、砂糖、蜂蜜のみで作った「チョコレートアイス」(702円~)なども、冷たい夏の手土産としておすすめです。

「Minimal 銀座 Bean to Bar Stand」は、きっと誰もがチョコレートの新しい味わいを発見できる場所。

お店の方と会話を楽しみながら、ぜひお気に入りの一品を見つけてくださいね☆

Minimal
http://mini-mal.tokyo/

スイーツ(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP