ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

果物の女王 岡山県の「マスカット・オブ・アレキサンドリア」 2016年 初競りで最高値記録タイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2016年5月30日(月)、岡山県の特産物「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の 2016 年の初競りが、東京・大田区の東京都中央卸市場 大田市場で行われた。  「マスカット・オブ・アレキサンドリア」は豊かな香りと上品な甘さから「果物の女王」と呼ばれ、高級ぶどうの代名詞ともなっている。もともと高温・乾燥地帯のエジプト原産の「マスカット・オブ・アレキサンドリア」は、日本では降水量が少なく「晴れの国」として知られる岡山県で栽培技術が発達し、生産量で90%以上を誇る特産物となっている。
岡山県でマスカット栽培が始まって130周年の今年は、春から天候に恵まれ育成状況も「非常に良い」との前評判だったが、初競り直前の1粒の糖度を計測すると、糖度計はなんと22度(平均糖度は18度程度と言われている)を指し示し、その評判以上の出来栄えであることを窺わせた。この日競りにかけられたのは計 450kg。最高値は 1 箱(1kg)30,000 円で、これはこれまでの初競り最高値記 録タイとなる高値に。   
  初競り立ち会った伊原木隆太岡山県知事も、「大変景気の良い数字をいただきまして嬉しく思っております。岡山県の誇る宝石のようなぶどうですから、是非一度お試しください!」と満面の笑みを浮かべた。今朝競り落とされた岡山県産の「マスカット・オブ・アレキサンドリア」は、早速都内果物専門店等の店頭に並ぶ。

【Nicheee!編集部のイチオシ】
「かんきつ王国」愛媛が研究を重ねた極上ブランドみかん
日本最大級! 西条発 食べたら福が来る巨大「柿」
“四国の軽井沢”久万高原町 絶品「トマトジュース」&ご当地新バーガー

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP