ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

流行の兆し。今夏おさえておきたい『2016スーパーフード』

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「アサイーボール」に「ココナッツオイル」など、『スーパーフード』なるものが2015年は流行りましたよね。そして、もうすでに海外では新しい『スーパーフード』に注目が集まっています。

 

そこで『2016年版スーパーフード』をご紹介します。

 

紹介の前に、そもそも『スーパーフード』とは何か?を簡単にご説明します。始まりは1980年代頃のアメリカやカナダにおいて、食事療法を研究する医師や専門家の間で、有効成分を突出して多く含む食品に対して『スーパーフード』という言葉が使われたのだそうです。

 

さらに、「健康によい栄養分を豊富に含みながら、多くは低カロリーである食品」と定義し、抗酸化作用が高いもの、老化や生活習慣病の予防によいもの、癌のリスクを遠ざけるものなどが紹介されています。はっきりと特定の食品を定義したものではなく「一般の食品よりビタミン、ミネラル、クロロフィル、アミノ酸といった必須栄養素や健康成分を多く含む、おもに植物由来の食品」という大前提のもと、提唱者によって異なる食品があげられています。(引用:日本スーパーフード協会)

 

今年、日本で本格的な流行になると言われている『スーパーフード』をいくつかご紹介します。

マキベリー

Twitterより @baliNaturmari
チリのパタゴニア地方で栽培されている果実。見た目はブルーベリーに似ています。

ポリフェノールを多く含み、抗酸化作用が期待できると言われていますので、生活習慣病の予防や血中の悪玉コレステロール(LDL)を制御する働き、ホルモンバランスを整える働きがあるとされています。また、抗酸化作用によって肌の老化を防ぎ、アンチエイジングが期待できるそうです。


美的2016/5/23発売号
スーパーフード【ヨーグルトにマキベリーやチアシードを入れて栄養…】
Fujisan.co.jpより

 

コンビニでも手に入るので、気軽に試してみては?

『ピタヤ』

Twitterより @rachiensmoothie

ピタヤはドラゴンフルーツとも呼ばれているサボテン科の果実。原産地は中南米やメキシコ。

中でも、身の赤いレッドドラゴンには「ベタシアニン」が含まれ、癌を抑制する働きをしてくれる抗酸化作用や、アンチエイジングの働きがあると言われています。その他にも、食物繊維、ビタミンC、ビタミンBなどの栄養素も多く含み、美肌効果もあると、注目が集まっています。


日経ヘルス2016/5/9/発売号
米国スーパーフード最新事情…【その栄養価もドラゴン級!?ピタヤ…】
Fujisan.co.jpより

『スピルリナ』

Twitterより @kellymisawa

 

スピルリナは、中南米やアフリカ大陸の砂漠の中の淡水湖で35億年も前から自生している「藻」の一種。タンパク質含有量が極めて高く、高濃度のビタミン B群そして鉄分の多さも注目されている要素です。


日経ヘルス2016/5/9発売号
【…スピルリナは約30億年前から存在する最古の植物。…】
Fujisan.co.jpより

さらに研究はまだまだこれからですが、一部の研究で放射能を体外に排出させるのではないかとも言われているようです。

 

健康志向が高まるだけでなく、最近では「スーパーモデル」などがオシャレに食を楽しむ姿に憧れるなんて要素も加わったのが、日本で流行っている『スーパーフード』。オシャレに美しくなりたい女性には必見ですよね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。