ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

桂歌丸の夢は客席の一番前で『笑点』の公開収録を観ること

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 国民的関心事となった『笑点』(日本テレビ系)の大喜利新司会者発表。桂歌丸(79)の後任として本誌は「三遊亭円楽(66)に当確」、と報じてきたが結果は春風亭昇太(56)というサプライズ人事だった。ちなみに円楽は本誌にこんな意気込みを語っている。

「昇太になって視聴率が下がったらマスコミは騒ぐだろうから『そのときはオレが行く準備はしてるから』と日テレには伝えてるけどね。ハッハッハッ!」

 さすが“腹黒”! 一方、今後は古典落語の勉強をしたいと表明している歌丸だが、改めて今後の人生について聞いてみると、歌丸節が炸裂した。

「あたしが落語以外に何をやるんですか。今さらオペラやったってしょうがないでしょ。ただ、笑点の前に『もう笑点』っていう5分番組がありますよね。あれだけはね、続けてくれって言われているんですよ。ですから、それだけは続けさせてもらいますけどね。だからたまには有象無象に会うことができるわけですよね」

 視聴者や大喜利メンバーだけでなく、歌丸自身も名残惜しいようだ。

「ま、『笑点』は観るつもりですよ。観て怒るか、褒めるか、どっちかですね、ウェッヘッヘ。メンバーに電話で何か言うと思いますよ。『終身名誉司会』として残っていますんでね」

 やはりタダでは終わらない男だ。そして、今後の夢についてこう語る。

「今のいちばんの望みはね、いっぺん客席の一番前で、笑点の公開収録を観たい。お客さんに混じって、知ら~ん顔して。もちろんメンバーの皆に黙って(笑い)」

 昇太やメンバーからしたら堪ったもんじゃない。

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
「春風亭昇太を笑点司会に推薦した理由」桂歌丸が明かす
桂歌丸引退で『笑点』豪華な新メンバー候補の顔ぶれ
笑点大喜利新メンバー 立川志の輔を有力候補に予測

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP