ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

左とん平 段階を踏まないと喜劇に深みがないんだよな

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 喜劇出身で、幅広く活躍する俳優・左とん平は、若い頃から多くの喜劇人たちと共演し、影響を受けてきた。左が喜劇人仲間や大先輩たちとの共演の思い出を語った言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』からお届けする。

 * * *
 左とん平は1970年、久世光彦演出・森光子主演のテレビドラマ『時間ですよ』(TBS)にレギュラー出演している。

「あの時は森さんに絡むチンピラの役で出番も少ないから、インパクトを強くしようとした。そうしないと次がないからね。

 久世さんと出会うキッカケは麻雀。有島一郎さんのマネージャーが久世さんと仲が良くて、麻雀に誘われたんだ。だから、芝居どうのというよりは、久世さんとしては『こいつを使えば麻雀のメンバーに困らない』というのがあったんじゃないかな。

 久世さんの演出は見ていて格好よかった。仕草が役者みたいでね。演出は、まずこっちに演じさせる。そうすると『とんちゃん、もっと違うのがあるだろ』と言ってきて『じゃあ、こういうのはどうですか』とやると、『じゃあそっちで』というスタイルでピックアップしていく。あの当時は堺正章に樹木希林に由利徹さんに伴淳三郎さん……芸達者が揃っていたから、そういう演出ができたんだと思う」

 その後、久世作品には1974年『寺内貫太郎一家』、1977年『ムー』と立て続けに出演している。『寺内~』では石工職人役として、喜劇界の大先輩・伴淳三郎と名物コンビを形成している。

「伴さんが熟練の職人で、僕が若造の役。それなのに、こっちが雑に扱うんだよね。殴ったりして。言うことをよく聞く役は面白くないし、久世さんもそれを求めてなかった。あの人もアウトロー的なのが好きなのよ。

 伴さんはほとんど台本が読めない。目が悪いから。読む時は顔をくっつけるくらいホンに近づけて読む。だから、全部を見られないんで、自分のところしか見てないんだ。

 で、僕と由利さんで『あそこはこうですよ』って言うわけ。二人とも『大丈夫かな』という顔で見ているんだけど、本番になるとダアーッと物凄い勢いで芝居してくる。だから、こっちが食われて伴さんしかよく映らないんだ。由利さんと二人で『冗談じゃねえぞ、あのクソジジイ!』ってよく怒ってました。

 由利さんはシリアスな芝居をやらせても上手い役者なのに、照れるんだ。だから、あまりやりたがらない。泣かせるような場面でも『ここで泣かせればいいのにな』と思うようなところでサラっと行っちゃう。あるいは、何か笑える芝居を入れたり。『何でも入れればいいっていうわけではないですよ』と思うこともあったよ。顔立ちで損していたと思う。画面に映るとうっとうしくなっちゃうんだよね」

 左は若い頃から数多くの喜劇人たちと共演し、影響を受けてきた。それだけに、「喜劇」に対するプライドも強く抱いている。

「プライドはありますよ。昔は役者も二枚目・喜劇人って分かれていたけど、今はないもんね。昔みたいに修業して喜劇の芝居を身につけるというのは今のスタイルにはなくて、誰でもちょっと面白かったらできる世の中になった。でも、それだと深みがないんだよな。段階を踏むというのは絶対に必要だと思う。そういうのをやらせてもらえないから、今の人はかわいそうだよ」

●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』(文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』『市川崑と「犬神家の一族」』(ともに新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小学館)が発売中。

■撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
吉本新喜劇 空席が目立った80年代は若手とベテランの間に壁も
吉本新喜劇の衣装 芸人ごとに整理された数万着の中から選択
吉本新喜劇の舞台セット 老若男女が一目でわかるデザインに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。