ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サザエさんは元出版社勤務でタラちゃんは女の子説あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『サザエさん』の原作が誕生して70周年を迎えた今年、作者・長谷川町子さんの発掘イラストなどを集めた『長谷川町子の漫畫大會~町子・戦中の仕事~』(小学館)の出版や、長谷川町子美術館にて『長谷川毬子と長谷川町子二人展』を開催するなどイベントが続いている。

 日本人なら誰もが知っているサザエさんだが、実は原作にはたくさんのトリビアがある。その一部を紹介しよう。一つ目は、サザエは元出版社勤務だったというもの。現在は専業主婦のサザエさんだが、以前はさまざまな仕事に就いていた。長谷川町子美術館学芸員の相澤弘子さんはこう語る。

「知人の紹介で『ハロー社』という出版社に勤め、婦人警官の体験取材や作家さんの原稿取りなどをしていました」

 また、探偵会社で働く話もあるという。

 二つ目は、驚いたことに、タラちゃんは女の子説もあるというもの。相澤さんは以下のように解説する。

 連載途中から登場したタラちゃん。1951年4月の朝日新聞の『サザエさん』告知記事で「タラちゃんという女の子があり」と記載されているが、「これは新聞広告が間違えたという説が有力です」

※女性セブン2016年6月16日号

【関連記事】
タラちゃんに妹がいた! 幻の「ヒトデちゃん」
タマ以外の磯野家のペット 犬のエルザ、リス、カメなど
波平の双子の兄・海平 フネが間違えるほどそっくり

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP