体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Googleが開発に関わった色が変わる繊維が登場!日常生活への活用を検討中

まるで魔法がかけられたかのように、EBB crochet色が変わる夢のような糸が登場した。そして、その変色した糸を編み込むと、あたかも伝染したかのように、他の糸の色が連鎖的に変化し、一種の動く布アートを楽しむことができる。

・ヒントはEBB技術

これは単なるマジックではない。ここで重要なカギを握るのがEBB技術だ。米国のカリフォルニア大学バークレー校のEBB threadローラ・デベンドルフ博士が、Google社の「プロジェクト・ジャカード」とのコラボにより生み出した繊維テクノロジーである。

EBB技術の「EBB」とは、英語で「引き潮」を意味する。糸の色はゆっくりと変化し、その様子はまるで満ち潮から引き潮の状態になる時のようであることから、そのような名称が付けられた。

・電気の変化に反応して糸の色が変化する

導電性の糸に、温度の変化によって変色するEBB weaver顔料を染み込ませると、糸の色がゆっくりと変化する。そして、その変色した糸を布に編み込むと、布の端から端へと模様を形成していく。

同博士はファッションデザイナーらとともに、「この技術が日常生活のどの場面で活かされるのか?」を検討。微妙かつ抽象的な情報提示のための手法として有用であるという見解を示している。

EBB

 

 

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。