ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全編140分をワンカットで撮影した、リアルタイム・サスペンス!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

1606011

完成台本はなし。わずか12ページの覚え書きをベースに、俳優たちが即興でセリフを発し、140分間をワンカットで撮影したというクライムサスペンス映画『ヴィクトリア』が公開中。

3ヵ月前に母国・スペインのマドリードを飛び出し、ベルリンにやってきたヴィクトリア。クラブで踊り疲れて帰宅しようとすると、地元の若者4人組に声をかけられる。まだドイツ語をしゃべれず、異国の都会で友人さえ作れずにいたヴィクトリアは、酒を手に入れた4人とビルの屋上で楽しいひとときを過ごす。しかし、4人は裏社会の人物への借りを返すため、ある仕事を命じられていた。4人のうち運転手役の青年が酔いつぶれてしまったため、ヴィクトリアは代役を依頼されていた――。

ベルリン国際映画祭では銀熊賞など3賞を受賞し、本国のドイツ映画賞でも作品賞や監督賞、主演女優賞、主演男優賞といった6部門を独占。撮影中に起こった想定外のハプニングもカメラに収めながら、リアルタイムで追いかけられた登場人物たちの姿にただただ圧倒!

ヴィクトリア
監督:ゼバスチャン・シッパー
出演:ライア・コスタ、フレデリック・ラウ
(2015年/ドイツ)
公開中
http://www.victoria-movie.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。