体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

低予算「コンクリートブロックの家」が、建築賞を2つも受賞!?(ブラジル)

サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル、奥行き25メートルのモダンな長屋、まずはその内装からどうぞ。

陽の光が奥まで届く
コンクリートブロックの家

低予算「コンクリートブロックの家」が、建築賞を2つも受賞!?(ブラジル)
低予算「コンクリートブロックの家」が、建築賞を2つも受賞!?(ブラジル)

この家の特徴はブロック塀に使用される、あのコンクリートブロックを壁一面に積み上げ建物の構造としているところ。

1階はリビング、トイレ、キッチン、洗濯置き場、ベッドルーム。そして長屋の奥にまで陽光を行き届かせる中庭が、建物全体に個性を与えているようです。
低予算「コンクリートブロックの家」が、建築賞を2つも受賞!?(ブラジル)
低予算「コンクリートブロックの家」が、建築賞を2つも受賞!?(ブラジル)

植物も多く、気持ちよさそう。
低予算「コンクリートブロックの家」が、建築賞を2つも受賞!?(ブラジル)

2階はゲストルームのほか、将来菜園として使えるスペースなんだとか。
低予算「コンクリートブロックの家」が、建築賞を2つも受賞!?(ブラジル)
低予算「コンクリートブロックの家」が、建築賞を2つも受賞!?(ブラジル)

こちらがオーナーのDalvaさん。
低予算「コンクリートブロックの家」が、建築賞を2つも受賞!?(ブラジル)
低予算「コンクリートブロックの家」が、建築賞を2つも受賞!?(ブラジル)
低予算「コンクリートブロックの家」が、建築賞を2つも受賞!?(ブラジル)

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会