ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今夏クルこと間違いナシ!カイゴを筆頭に人気急上昇の“トロピカル・ハウス”厳選10曲

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ジャステイン・ビーバーの新作『パーパス』や、最新6月4日付米ビルボード・アルバム・チャートの11位に初登場した、カイゴのデビュー・アルバム『クラウド・ナイン』に収録されているジャンル“トロピカル・ハウス”が新たなブームを巻き起こしている。EDMよりテンポを緩やかにした、横ノリのデジタル・トラックが心地よく、部屋で聴くにもドライブにも最適だ。

 2016年5月29日に開催された、日本初のトロピカルハウス・パーティ【Tropical Disco】を皮切りに、2016年の夏は、日本のクラブやビーチでも、トロピカル・ハウスが掛かりまくること間違いナシ!夏本番を迎える前に、人気のトロピカル・ハウス・ナンバー10曲を厳選してご紹介する。

◎「What Do You Mean?」
Justin Bieber

2015年8月にリリースされた、ジャスティン初の全米No.1ソング。そもそも、このトロピカル・ハウス・ブームはこの曲からはじまったといっても過言ではない!サウンドとマッチした、ネオンライトが瞬く公式ビデオは、10億回の視聴回数を突破している。2曲目の首位獲得となった「ソーリー」も、またトロピカル・ハウスによるナンバーだ。

◎「Blinded (ft. Emma Carn)」
Deep Chills

2016年3月にリリースされた、最新のトロピカル・ハウス・ソング。イタリアのミラノを拠点に活動するユニットで、ハウス・ファンの間で人気が広がり、この「Deep Chills」で一気にブレイクした。ややテンポが速く、ゆったり聴くというよりは、フロアで踊りたくなるナンバー。フェスでも聴きたい1曲だ。

◎「Stay ft. Maty Noyes」
Kygo

デジタル・サウンドなのになぜか癒される、トロピカル・ハウスの第一人者、カイゴの最新曲。マティ・ノイエスのヴォーカルが見事に活かされた切な系のメロディが、夏の夕暮れを彷彿させる!アルバムからは、「Nothing Left」や「Stole the Show」などがノルウェーでNo.1を獲得していて、現在2位の「Stay」も間もなく首位に到達するだろう。

◎「Adventure Of A Lifetime」
Coldplay

ジャングルでゴリラが踊るビデオが話題となった、コールドプレイの「Adventure Of A Lifetime」も、実はトロピカル・ハウス。初期の頃が好みだというロック・ファンには、“お茶を濁された”といったところだろうが、前作あたりから、こういったデジタル・ダンス系のナンバーで新規ファンを獲得している。

◎「Gonna Love Ya」
Avicii

EDMブームの火付け役の一人であるアヴィーチーも、ブームの終焉を見定め、トロピカル・ハウスへ移行。これが吉と出たか、この「Gonna Love Ya」がスウェーデンで3位まで上昇し、ヨーロッパ方面を中心に大ヒットを記録している。これまでのアヴィーチーのヒット曲とは一転、部屋で聴き流せる“まったり系”だ。

◎「Show Me Love」
Sam Feldt

オランダ出身の22歳、ディープ・ハウス界では注目されている人気DJ。1年前の2015年の5月にリリースされたにもかかわらず、未だフロアを賑わす人気曲として定着している。アメリカのダンス・チャートでも首位を獲得したナンバーで、ジャスティン・ビーバーよりも一歩早くトロピカル・ハウスを取り入れた先駆者。

◎「Running Out」
Matoma & Astrid S

ノルウェー出身のプロデューサー兼DJのマトーマとアストリッド・Sがタッグを組んだナンバーで、自国では7位まで上昇中。公式ビデオの舞台は真冬だが、サウンドはこれから迎える夏にピッタリなトロピカル・ハウス。カイゴにハマったなら、マトーマのサウンドもしっくりくること間違いないだろう。

◎「Try Me ft. J.Lo & Matoma」
Jason Derulo

人気R&Bシンガー、ジェイソン・デルーロのアルバムにも、トロピカル・ハウスが収録されている。こ「Try Me」は、そのマトーマをフューチャーしたナンバーで、チャートでは大ヒットに至っていないが、フロアでの人気は高く、日本のDJたちもへヴィ・プレイしている。ラテンの女王、J. Loのヴォーカルが、また夏感を際立てる!

◎「Heaven」
Alex Adair

5月29日に開催された、日本初のトロピカル・ハウス・パーティ【Tropical Disco】にも参加した、アレックス・ アデアーの2ndシングル。2015年の年間チャート2位をマークした、エド・シーランの大ヒット曲「Thinking Out Loud」を手掛けた名トラッカーで、デビュー曲「Make Me Feel Better」も、トロピカル・ハウス・シーンで人気を博している。

◎「One Dance」
Drake

最新ソング・チャートで首位を独走する、ドレイクの最新シングル。ダンスホールっぽさを強調した、最新のフロアライクなトロピカル・ハウス。ドレイクは、今年2月に9週のNo.1をマークした、リアーナとのコラボ曲「Work」も大ヒットさせているが、この曲も“トロピカル・ハウス”的なニオイを醸している。やはり流行は、この“トロピカル・ハウス”にあるようだ。

Text: 本家 一成

◎今夏クルこと間違いナシ!人気急上昇の“トロピカル・ハウス”厳選10曲プレイリスト
http://bit.ly/1U9Ggms

関連記事リンク(外部サイト)

メジャー・レイザーの新曲はJ・ビーバーとムーをfeat、ディプロが明かす
ドレイクが米アルバム・チャートで4週連続No.1、過去4年で男性最多
カニエ・ウェストのスタジオに泥棒、パソコンが盗まれる

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP