ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

南アフリカで野生動物と子供達と一緒にボランティア体験(後編)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

前回からつづく。

3. ホワイトライオンプロテクション

ここはとても刺激的でした。明るいブルーの目をしたホワイトライオンを見たことはありますか? 正直に言って、私はそんなものが存在することすら知りませんでした。インターネットでホワイトライオンの写真を見てからというもの、私は早く彼らを実際に見てみたくて仕方がありませんでした。

ホワイトライオンは、地球上でたったひとつの場所で自然発生した非常に珍しい種です。それは、南アフリカのGreater Timbayati地方です。

近年、この美しい生き物のほとんどは捕らえられ、繁殖施設で暮らしています。野生のホワイトライオンはとても少ないです。

ホワイトライオンプロテクションは、絶滅に瀕しているホワイトライオンを保護する目的で2002年に設立されたチャリティ団体です。4400ヘクタールの土地で、ホワイトライオンの保護を行い、自然へ返す活動を行っています。

ホワイトライオンプロテクションでのボランティアプログラム

ボランティアの1日は朝6時に始まり、ホワイトライオンの追跡とモニタリングをしにサファリドライブへ出かけます。テレメトリーを使ってライオンを追跡する方法を学ぶのはとても面白かったです。サファリドライブの他には、ボランティアは密猟防止のパトロールをしたり、茂みの手入れや道具のメンテナンス、フィールドリサーチなどを行います。地元の学校への訪問などのカルチャープログラムも用意されています。

毎週日曜日はお休みで、ボランティアは近隣のクルーガー国立公園へビッグ5を見に行ったり、ブライドリバーキャニオンへ行ったり、乗馬をしたりして楽しむことができます。

ホワイトライオンプロテクションでの私の経験

ワイルドライフ

ビッグ5(ライオン、アフリカゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ)を見ることはできませんでしたが、信じられないほど美しいホワイトライオンは、それと同じくらいの価値がありました。そのために私はここへ来たのです。毎日ホワイトライオンを観察し、彼らの行動を分析することに夢中になってしまいました。1匹ずつ性格が違います。このゴージャスな生き物をもっと見ていたかったです。

宿泊

ボランティアは広くて清潔な2つのドミトリーに宿泊します。男女別々のドミトリーです。ドミトリーは3〜4人用ですが、とても広いので部屋の隅っこにいればプライバシーもあります。バスタブと水圧の良いシャワーがついた共用のバスルームがあります。私は、人間が嫌いだというフランス人の女の子とルームメイトでした。うーん、なんとも素晴らしいスタート。蚊帳、シーツ、タオルは用意されています。

食べ物

ボランティアたちは自分で食事を用意します。冷蔵庫に毎週食材が買い足されるので、ボランティアはその食材を使ってOK。食べ物のバラエティーは他の場所ほど良くなかったです。フレッシュフルーツやシリアルの種類も限られています。私が不思議に感じたのは、ボランティアとコーディネーターは一度も一緒に食事をしなかったことです。他のボランティアも一緒に時間を過ごしたいと思ってなさそうだったので、私はキッチンに一人で座って、一人で食事をすることが多かったです。

お楽しみ

正直に言いましょう。ホワイトライオンプロテクションは、私が参加したプロジェクトの中で一番楽しくなかったです。なぜならキャンプでの居心地が良くなかったから。ほとんど他の参加者と話をしませんでした。もしかしたら行ったタイミングが悪かったのか、たまたまそこにいた人と気が合わなかったのかもしれません。しかし、ホワイトライオンプロテクション自体は本当に素晴らしいプロジェクトであり、ライオンを守り人々の保護意識を高めるという素晴らしい活動をしている設立者を私は本当に尊敬しています。

その他

私がここでの生活の中で一番楽しかったのは、ユニコーン・ゲーム・ロッジでジェイソン(設立者の一人)と過ごした2日間の朝の時間です。彼は素晴らしいパーソナリティーの持ち主であり、ホワイトライオンについて本当によく知っています。

彼と話すと、ホワイトライオンへの愛を間違いなく感じるでしょう。彼は何よりもホワイトライオンのことを気にかけているのです。私はホワイトライオンプロテクションというプロジェクトについて知り、ジェイソンと彼のライオンたちに会うことができて、最高に嬉しかったです。このゴージャスで美しい生き物を目撃するという体験は、本当に魔法のようでした。

注意事項

ホワイトライオンプロテクションは、写真撮影が厳格に禁止されています。事前の許可がない限り、ホワイトライオンの写真は絶対に撮ってはいけません。

ホワイトライオンプロテクションへの申し込み方法

持続的な動物保護活動と野生動物の管理に興味がある18〜80歳の人ならば、誰でも申し込むことができます。Volunteers@whitelions.orgまで志望動機を送ってください。
プログラムに関する詳細情報は、WhiteLions.orgをチェックしてください。

便利な情報

ヨハネスブルグへの行き方

まず、今南アフリカにいないのであれば、ヨハネスブルグに飛ぶ必要があります。格安チケットを見つけるには、格安チケットを見つけるのに最適な検索エンジンSkypickerが私のイチオシです。

飛行機でホエドスプルートへ行く

ヨハネスブルグからさらにホエドスプルートへ行く必要があります。ホエドスプルートは、私がこのブログで紹介した全てのボランティアプログラムの最寄りの町です。しかし、このルートを就航しているのはSouth African Expressのみなので、チケットは高くなりがちです。

ホエドスプルートまでバスで行く

Ashtons Kruger Shuttleが安いです。ヨハネスブルグとホエドスプルート間を毎日運行しています。所要時間は5〜6時間で、運賃はR750(63ドル)です。ウェブサイトでチケットの予約ができます。少なくとも1週間前までには予約をしましょう。

ヨハネスブルグでの宿泊

私は到着後、ヨハネスブルグで1泊しましたが、時差ボケでほとんど寝ていました。もしヨハネスブルグで1泊するのであれば、Aero Lodgeがオススメです。1部屋40ドル/泊ほどです。一番安いというわけではありませんが、かなりお得です。朝食無料、空港送迎無料、プール付、治安の良いロケーション、そして食事もおいしいです。

部屋はとても広くて清潔ですし、私の部屋にはバスタブまでありました。フリーWifiもあります。スタッフも親切で、24時間セキュリティ体制です。ヨハネスブルグに行くときは、安全な場所に滞在するようにしてくださいね!

もしここがちょっと違うと思うのであれば、Agodaをチェックしてみてください。ヨハネスブルグ内のホテルやホステルがたくさん載ってますよ。

ボランティアはあなたに向いてる?

私はほぼ期待ゼロで行きましたが、南アフリカに素晴らしい印象を受けました。私は動物と働くことを一番楽しみにしていましたが、実際は現地の子供達と時間を過ごすのが一番楽しかったです。最初に子供達に会ったときは人見知りをしていましたが、1週間一緒に過ごすと、彼らは新しいパーソナリティーを見せてくれるようになりました。子供達は学ぶこと全てに対して喜びと興奮でいっぱいでした。

私は南アフリカを訪れることができて、スーパーハッピーでした! 色々な意味で刺激を受けましたし、野生動物のバラエティも圧倒的でした。アフリカの野生動物は素晴らしいと言ったら嘘になります。それは、言葉で表せないほどの素晴らしさなのですから!
「もっと良いレンズがあれば、もっと動物たちの細かい特徴をカメラに収めることができたのに…!」と、何度も思いました。

野生動物を自然環境で見るのは本当に魅力的な経験であり、「時よ止まれ…!」と何度も思いました。ボランティアプロジェクトのおかげで、私は南アフリカの野生動物についてより深く理解することができたと思います。ボランティア活動には絶対に参加するべきです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この経験は、Daktari Bush School and Wildlife OrphanageとパートナーであるSiyafunda 動物保護区、そしてホワイト・ライオン・プロテクションのおかげで実現しました。全ての意見は、いつも通り私の個人的なものです。

Licensed material used with permission by Just One Way Ticket (Facebook, Instagram, Twitter)
訳:アオノトモカ「冒険女子

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP