体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【博多中洲】ホテルオークラ福岡の地ビール醸造所に併設されたブルワリーパブがオープン!


ホテルオークラ福岡は、6月1日(水)17:00、地下1階のビール醸造プラントに併設したスペースにて、ホテルが醸造した地ビール「博多ドラフト」と窯焼きピッツァが楽しめるブルワリーパブをオープンする。

今回、新しくオープンする「オークラブルワリー」は、カウンター6席を含む74席を擁するカジュアルスタイルのブルワリーパブ。二次会や仕事帰りの1杯にちょうど良さそうだ。


窯焼きピッツァは、生地にビールとビール酵母を入れ、外はパリッ、中はもちっと仕上げたミラノ風ピッツァで、全12種類を提供。薪窯と同じ火力が実現できるガスオーブンを使って、短時間で焼き上げる。

「博多ドラフト」は、ケルシュ・アルト・スタウトの3種類で1パイント(473ml)各950円。また、「マルゲリータ」は1544円、「カルツォーネ」は2019円、「クワトロフォルマッジョ」は2257円と、ホテルにしてはピッツァもお得。料金はすべてサービス料・税込となっている。


そのほか、ペペロンチーノ風枝豆や、糸島産ソーセージとラムソーセージ、生ハムとモッツァレラチーズのサラダ、海老と茸のアヒージョ(バゲット添え)など、ビールに合うメニューも充実。もちろん、カクテルやソフトドリンクも楽しめる。

地ビール&ピッツァ オークラブルワリーは、営業時間17:00~22:30で、定休日は月曜日(祝日の場合は営業)。

今年の夏は、野外もいいけど、地下でもビールを楽しんでみては?
ホテルオークラ福岡 公式ウェブサイト http://www.fuk.hotelokura.co.jp

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。