ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

就活もここまで変わったか…話題の「知るカフェ」とは!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

http://shirucafe.com/より
最近では解禁日がコロコロ変わる「就職活動」。そんな就職活動の形も少し変わってきているのをご存知ですか?

 

昔は生徒側が会社へ出向き、先輩方に話を聞くOG・OB訪問なるものがありましたが、今や逆転現象がおきているのです。「良い生徒を早めにゲットしたい!」のかは定かではありませんが、「自分の会社を良く知ってもらいたい!」と願いを込めて作られた「知るカフェ」なるものが、今話題になっています。

 

勿論、会社側だけでなく、生徒側にとってもメリットのある「知るカフェ」ですが、優秀な人材を確保したいと言う会社の方々必見です!どんな場所なのか、どんな仕組みで運営されているのかをご紹介していきます。

知るカフェとは?

http://shirucafe.com/より

 

初めて来店した時に空メールを送って会員登録するだけ。来店時に登録確認するために学生証を出すだけで、ドリンク1杯無料、WiFiも、コンセントも使え、飲食物持ち込みもOK!また「知るカフェ」TwitterのツイートをRTすれば、ワッフルやコーンスープが無料で手に入る日、なんて言うのもあるそうです。

企業と学生の出会いの場

『知るカフェ』は、企業からの費用で運営しているため、スポンサー企業にとっては、優秀な学生とのいち早い出会いの場。企業からは「直接優秀な学生に出会う場は貴重」「ネット上の出会いと違い、企業側からターゲットに直接アタック出来る」などの声が上がっているとか。

 

一方学生からは「人事交流会やセミナーなど、企業に行くより気が楽だし、少人数で行われているので足を運びやすい」「企業の人事担当と思いもよらない出会いがあり、新しい価値観を発見するきっかけとなった」との声が上がっていると言います。

企業主催のイベントに参加できる

数多い企業とのイベントにネットから予約できる手軽さ。数年前までの「就職先を探る」から「就職の情報を受ける」活動に変わってきています。

 

ひと昔前の就職活動は、学生があちらこちら、汗を流しながら足を運んだものでした。しかし今や、学生側がじっくりと企業のプレゼンを聞き、選ぶことができると言います。

 

少子化が進む中、新入社員の確保が難しくなってくるからなのでしょうか?
正直、今就職活動をする親世代はこの現象をどう思っているのか…。この先、さらに少子化が進むわけですが、就職活動はどのように進化していくのか目が離せない話題ですよね。


週刊東洋経済 臨時増刊 就活に勝つ!
Fujisan.co.jpより

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP