ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大人こそ行きたい!デートにもおすすめ♡東北の水族館3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デートって毎回どこに行こうか悩みますよね。そんなときおすすめしたいのが、水族館。かわいい動物たちのおかげで二人の会話が自然と弾み、和やかな雰囲気を演出してくれるんです。

そこで今回は、東北エリアで訪れたい、デートにおすすめの水族館を厳選してご紹介します。キラキラと光るマイワシの群れの神秘的な光景に、自然光が照らす水槽の中の海絶景など、ロマンチックなデートを演出してくれること間違いなし。

注目の水族館で過ごす、ちょっぴりオトナなデートを、ぜひ体験してみてはいかがでしょう。

1.鶴岡市立加茂水族館【山形県鶴岡市】

漂うクラゲを見つめているとふと宇宙にいるみたいに感じる。

水槽越しにクラゲたちと今日の記念の一枚を。

大水槽に4000匹ものミズクラゲが漂う「クラゲドリームシアター」

七色の光に照らされ輝きゆらめくクラゲ。

同じミズクラゲでも光の演出で雰囲気がまた変わる「クラゲレインボー」

水槽越しにクラゲたちと今日の記念の一枚を。

記念撮影のための水槽もある。思い出にどうぞ

目の前に広がる日本海を眺めながらブレイク。

館内のレストランではクラゲソフトやクラゲラーメンをいただける

2014年のリニューアルオープン以来、クラゲの水族館としてたくさんの大人を魅了し続けている。直径5mの円形水槽「クラゲドリームシアター」、育成途中の幼いクラゲをLEDで演出した「クラゲレインボー」など、ゆらめく水槽を前に時の経つのを忘れてしまいそう。 鶴岡市立加茂(つるおかしりつかも)水族館

TEL/0235-33-3036

住所/山形県鶴岡市今泉字大久保657-1

営業時間/9時~17時

定休日/なし

料金/入館料高校生以上1000円

アクセス/車:山形道鶴岡ICより20分

駐車場/500台

「鶴岡市立加茂水族館」の詳細はこちら

2.仙台うみの杜水族館【宮城県仙台市】

キラキラと光を反射するマイワシの群れが織り成す神秘に感動。

「スパークリングオブライフ」は1日3~5回。1階と2階から異なる見え方を楽しめる

迫力の大技に思わず歓声。

今年3月にリニューアルした「イルカ・アシカのパフォーマンス」。1日5~7回

かわいいオタリアとふれあい。間近で見る姿に癒やされる。

オタリアやペンギンとふれあえる「フレンドリータイム」は1日2~4回

2015年夏オープン。幅14m、水深7・5mの大水槽には太陽光が降り注ぎ、三陸の海を切り抜いたような美しさ。その中をマイワシの大群が渦を巻くように泳ぐ「スパークリングオブライフ」は、どこか不思議な光景に思わず見入ってしまう 仙台うみの杜水族館

TEL/022-355-2222

住所/宮城県仙台市宮城野区中野4-6

営業時間/9時~18時(GW・お盆期間は8時開館日あり)

定休日/なし

料金/入館料大人2100円

アクセス/電車:JR仙石線中野栄駅より徒歩15分

車:仙台東部道路仙台港ICよりすぐ

駐車場/800台(一定期間1450台の臨時駐車場を整備)

※各プログラムの時間は季節によって変動あり

「仙台うみの杜水族館」の詳細はこちら

3.アクアマリンふくしま【福島県いわき市】

自然光に照らされる水槽は思わず見とれる美しさ。

「潮目の海」は多方向から眺められ、それぞれ違う見え方を楽しめる

ガラス越し、近づいてくるアザラシがキュート♪

アザラシ、トドなどの海獣たちにも会える

想像以上の見ごたえ、生きた芸術・金魚。

常時20品種以上を展示。奥が深い金魚の世界を堪能できる

メインは、親潮と黒潮がぶつかる福島県沖の潮目を表現した三角トンネルの大水槽。豊かな海を力いっぱい泳ぐ魚たちの姿に力をもらえそう。珍しい金魚の展示にも心が和む。館内は光が降り注ぎ、自然な雰囲気の中で心地よく散策が楽しめる。 アクアマリンふくしま

TEL/0246-73-2525

住所/福島県いわき市小名浜字辰巳町50

営業時間/9時~17時30分(季節変動あり)

定休日/なし

料金/入館料大人1800円

アクセス/車:常磐道いわき湯本ICより20分

駐車場/500台(無料)

「アクアマリンふくしま」の詳細はこちら

※この記事は2016年5月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

海沿い人気エリア!初夏の糸島&福津シーサイドドライブスポット
【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット20選~神奈川エリア~
【まとめてみた】編集部オススメ旅行スポット20選~東京エリア~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP