ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

月9『ラヴソング』ヒロイン・藤原さくら 東阪福にてフリーライブ開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』に、ヒロイン・佐野さくら役として出演中の20歳のシンガーソングライター、藤原さくら。主題歌シングル『Soup』が6月8日にリリースされることを記念して、東阪福にてフリーライブを行う。

藤原さくら キュートな画像一覧

 フリーライブの開催は、6月11日に東京・お台場 ダイバーシティ東京プラザ、大阪・あべのキューズモール、6月12日に福岡・キャナルシティ博多にて行うことが明らかとなった。フリーライブとして3都道府県を縦断するのは初の試みとなる藤原さくら。このイベントでは、6月8日にリリースするファーストシングル『Soup』に封入されているイベント参加券を持参すると、各会場でのミニライブ終了後、特典お渡し会にも参加出来る。

 主題歌「Soup」のみならず、劇中歌「好きよ 好きよ 好きよ」はレコチョク・iTunes Storeをはじめ現在も各配信サイトでチャート上位を席巻中。また、ドラマ劇中ヒロイン佐野さくらとして、池袋サンシャインシティ噴水広場で5月20日に緊急開催したフリーイベントでは、平日夕方の実施にも関わらず2,000名のファンが詰めかけるなどの大盛況ぶりとあって、本イベントはフリーで観覧可能だが、当日の会場運営の都合上、“優先エリア”が設けられる。詳しくは公式サイトにて掲載中だ。

◎シングル『Soup』リリース記念イベント
2016年6月11日(土)11:30~
東京・お台場 ダイバーシティ東京プラザ 2F フェスティバル広場
CD会場販売&優先エリア入場整理券抽選開始時間9:30~

2016年6月11日(土)18:30~
あべのキューズモール 3F スカイコート
CD会場販売&優先エリア入場整理券抽選開始時間15:30~

2016年6月12日(日)16:00~
福岡・キャナルシティ博多 B1Fサンプラザステージ
CD会場販売&優先エリア入場整理券抽選開始時間10:00~

<対象商品>
6月8日(水)発売 藤原さくら ニューシングル『Soup』
[初回限定盤] VIZL-983 1,800円+税
[通常盤] VICL-37177 1,200円+税

◎シングル『soup』
2016/6/8 RELEASE
「soup」(作詞・作曲:福山雅治)
[初回限定盤(CD+DVD)] VIZL-983 1,800円+税
・初回限定盤のみスペシャルDVDが付属
[通常盤] VICL-37177 1,200円+税

◎【藤原さくらワンマンツアー2016「good morning」~first verse~】
6月25日(土)福岡・天神イムズホール
OPEN 17:30 / START 18:00
7月01日(金)東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
OPEN 18:30 / START 19:00 ※SOLD OUT

◎【藤原さくらワンマンツアー2016「good morning」~second verse~】
9月10日(土)東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
OPEN 17:00 / START 18:00
9月11日(日)東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
OPEN 16:00 / START 17:00
09月17日(土)宮城・LIVE DOMESTARDUST
OPEN 17:30 / START 18:00
09月19日(祝)北海道・cube garden
OPEN 16:30 / START 17:00
09月23日(金)大阪・Shangri-La
OPEN 18:30 / START 19:00
09月24日(土)新潟・Live House 柳都SHOW! CASE!!
OPEN 17:00 / START 18:00
10月01日(土)広島・Live Juke
OPEN 17:30 / START 18:00
10月02日(日)愛知・SPADE BOX
OPEN 17:00 / START 18:00
10月10日(祝)福岡・電気ビルみらいホール
OPEN 17:00 / START 18:00

関連記事リンク(外部サイト)

藤原さくら ドラマ劇中歌「好きよ 好きよ 好きよ」(作詞・作曲:福山雅治)緊急配信決定!
月9ヒロイン・藤原さくら 主題歌「Soup」MV公開! まさかのコラボレーションが実現!?
藤原さくら 福山雅治手掛けたドラマ『ラヴソング』主題歌MV先行公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP