ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『国家の品格』藤原正彦氏が「糖質制限ライス残し」に嫌悪感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、巷の定食屋や外食チェーン店で「ライスを残す客」が増えているという。東京・江東区のあるファミレス店員がいう。

「若い女性客だけでなく、中高年の男性客にも定食やランチのご飯を残す方が多いんです。お腹いっぱいで食べきれないのではなく、明らかにわざと残している。“お米は太るからね”とおっしゃる人もいました」

 背景には糖質制限ダイエットの流行がある。定食などのご飯をあえて半分残すことは「半分ダイエット」と呼ばれており、テレビや雑誌で推奨されることが少なくない。

 先月の人間ドックで「メタボ」と診断された40代会社員も、「健康のために実践しています。おかげで1か月で1キロほど減量できました」と胸を張る。

 しかし、この潮流に顔をしかめる人がいることも事実だ。中高年の読者諸兄には、子供の頃から「お百姓さんが丹精込めて作ったお米を粗末にすると目が潰れるぞ」と両親に厳しく教育されてきたという人も多いだろう。しかし今や、中高年にすら「ご飯を残すことへの罪悪感」が消え失せようとしているのだ。

 ベストセラー『国家の品格』(新潮新書)の著者である数学者・藤原正彦氏は、この状況に強い嫌悪を抱いている。

「これは現代社会における利己主義の悪しき現われです。『ダイエットのため』というのは金科玉条に聞こえるが、それはあくまでも自分本位の考え方。そこには『社会』や『公』という視点が抜け落ちている。世界には日々の食事に困り、飢えて苦しんでいる人が大勢いる。それなのに感謝の心もなくご飯を残し、しかもそれを誇らしげにしているなんて、人類に対する犯罪行為です」

 最近では、ライスの量を選べたり、おかずを単品で注文できる店も増えている。しかし「それでもご飯を残す人は増える一方」(前出・ファミレス店員)という。このことにも藤原氏は憤慨している。

「事前に“いらない”とか“半分にして”と申し出ればいいだけのこと。簡単なことなのにどうしてそれができないのか、不思議なことです」

 ぜひ藤原先生には「ライスの品格」を書いてほしい。

※週刊ポスト2016年6月10日号

【関連記事】
辰巳琢郎の「最後の晩餐」 ご飯と塩昆布や梅干し、ほうじ茶
作家・野地秩嘉さんが最後の晩餐に選ぶ思い出の「にら玉」
節約テク 炊飯器で保温4時間超えなら電子レンジで温め直しを

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP