体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

軽自動車並みの予算で現行BMW 1シリーズ、イッテみる?

▲まごうことなき「プレミアム・コンパクト」な現行BMW 1シリーズですが、その11~13年式の低走行物件が今、諸般の事情によりかなりのお手頃価格で狙えてしまうのです!

▲まごうことなき「プレミアム・コンパクト」な現行BMW 1シリーズですが、その11~13年式の低走行物件が今、諸般の事情によりかなりのお手頃価格で狙えてしまうのです!

現行BMWなのに走行2万km台の物件がたったの140万円?

ズバリ結論から申し上げて今、現行BMW 1シリーズの11~13年式がかなりお手頃になっています。具体的には車両価格で140万円前後も見ておけば、せいぜい走行2万km台の116iが狙えてしまう状況なんです。現行1シリーズはBMWとはいえバリバリの高級車ではありませんが、「ちょっと上質なドイツ車の高年式モデルに、リーズナブルな予算で乗り替えてみたい」と考えているご家庭にとってはコレ、ビッグチャンスといえるかもしれません。

よくご存じの方も多いかもしれませんが、現行のBMW 1シリーズというのは11年10月に登場したBMWのプレミアム・コンパクト。このジャンルの車というのはほとんどの場合FFレイアウト(エンジンをフロントに搭載し、フロントタイヤを駆動させるレイアウト)を採用しているのですが、1シリーズは非常に珍しいFRレイアウト。つまりエンジンをフロントに搭載し、リアタイヤを駆動させるレイアウトです。

FF車は「操舵」と「駆動」という2つの仕事を前輪が同時に担うため、どうしても「しっとりとした上質なステアフィール」ってやつを実現しにくいというデメリットがあります(その半面、直進安定性に優れ、コストも安いという大きなメリットもあるのですが)。

しかしFR車の前輪は「駆動」という仕事から解放されて「操舵」だけに集中できるため、その結果として「しっとりとした上質なステアフィール」を実現しやすいのです。世の中の自動車メディアでよく書かれている「BMWならではの素晴らしいハンドリング」というのは、(もちろんそれだけが理由ではありませんが)このFRレイアウトによる部分が大きいのです。

▲第二世代の1シリーズとして11年10月に登場した現行BMW 1シリーズ。ベーシックな116iと上級グレードである120iが搭載するエンジンは出力違いの1.6L直列4気筒ターボで、マイナーチェンジ後の118iは同じく1.6Lながら3気筒のターボエンジンを搭載しています

▲第二世代の1シリーズとして11年10月に登場した現行BMW 1シリーズ。ベーシックな116iと上級グレードである120iが搭載するエンジンは出力違いの1.6L直列4気筒ターボで、マイナーチェンジ後の118iは同じく1.6Lながら3気筒のターボエンジンを搭載しています

「コンパクトカー」のイメージをはるかに超えた上質なハンドリング

BMW 1シリーズは04年9月から11年9月まで販売された初代モデルでもFRレイアウトを採用していましたが、現行型のステアリングからドライバーの両手に伝わる「しっとり感」は、初代のそれを完全に凌駕しています。ボディサイズは初代よりほんの少し大型化された程度なんですが、まるで1クラスか2クラスぐらい上の車に変わったかのような感触なんです。

もちろんそれは足回りの設計だけが理由ではなく、ボディのしっかり具合が増したことや、エンジンがより精緻な感触で回るようになったことなどの様々な理由が関係したうえでの話ですが、とにかく現行BMW 1シリーズの上質なドライブフィールは、世間的な「コンパクトカー」のイメージをはるかに超えたものであることは間違いありません。

▲旧型(初代)1シリーズのステアフィールも決して悪いものではありませんでしたが、現行モデルのそれはイメージとして2段階か3段階ぐらいいきなり向上した感じ。とにかく素晴らしいです!
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。