ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MAN WITH A MISSION×ツタロックSPトークイベントが日本工学院専門学校で開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

5月15日、TSUTAYA主催の「MAN WITH A MISSION×ツタロック スペシャルトークイベント」が日本工学院専門学校蒲田キャンパスの片柳記念ホールにて開催された。

イベントにはMAN WITH A MISSIONが2月10日に発売したアルバム『The World’s On Fire』の購入者の中から抽選で観覧権利を獲得したラッキーなオーディエンスが500名集まった。

吉川尚宏(Talking Rock!編集長)をMCに迎えJean–Ken Johnny(MAN WITH A MISSION)とのトークイベントは始まり、アルバム発売翌日に行われた道頓堀での船上ライブの話から、ツアー『The World’s On Fire TOUR 2016』へ。吉川氏からツアーの感想を聞かれると、ライブハウスを知らない人達にも、ライブハウスを紹介する意味も含めて、各方面でツアーをした。バンドシーン全体を好きになってほしいという狙いもあったと言及した。また、吉川氏が福井県でのライブMCが印象的だったと述べる。「メモってます」と言って当時のMCをつらつらと説明する吉川氏に、「ヤメナサイ(笑)」「ナンデ完コピシタモノヲソノママイッテルンデスカ(笑)」とJean–Ken Johnny。それでもやめない吉川氏に「改メテ聞クトチョットウケマスネ(笑)」とJean–Ken Johnny自身のコメントに客席からは高笑いが響いた。

続いて、アルバム『The World’s On Fire』のトークでは13曲中9曲が海外のアーティストとのコラボレーションだという日本に留まらない高い音楽性を突き詰める熱い想いの話から、来場者からの質問コーナーへ展開していった。福島県から来たという親子のお子さんがまっすぐ手を上げたのでJean–Ken Johnny から「ナニカ聞キタイコトハゴザイマスカ?」と投げかけると、「ない!」と即答。「ドンナニ用意サレタ答エヨリモ面白イ」と絶賛するJean–Ken Johnnyに、会場は爆笑の渦に包まれた。

終盤では、6月29日に発売される狼大全集IVの収録曲のダイジェスト映像が会場限定で公開された。ツアーの追加公演や、7月からは初のアジアツアーも行わなれる。「夏フェス、各方面ぜひこぞって遊びに来てください」と残し、トークイベントを締めた。

Photo by 相澤 美里







カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP