体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Material Designを採用したアプリは既に100万種類も存在

Google Play ストアで Material Design を採用した Android アプリが今では 100 万種類も配信されていることが分かりました。これは、Google で Android の UX 設計を統括している Matias Duarte 氏が自身の Twitter でシェアしていたことです。Google Play ストアでは現在、200 万以上のアプリが配信されていると言われているので、おおよそこの半数のアプリが Material Design を採用していることになります。Material Design は、紙とインクをモチーフにしたアプリや WEB のデザイン方式。シンプルながらもカラフルでオシャレな外観が特徴となっています。Material Design は Android Lollipop で導入されたので、まだ出来てまもないと言える中で、100 万種類ものアプリが採用しているとは正直驚きです。Source : Twitter

■関連記事
本体デザインの変更点がよく分かるZenFone 3のハンズオン動画
ASUS、ZenFone 3向けに「ZenUI 3.0」を発表
Jolla、Sailfish OS版のNexusスマートフォン「Jolla C」を発表

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。