ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【6/20開催】認知症はよくなる~「あきらめてはいけない」と教えてくれた食事と言葉の力~@東京毎日ホール

DATE:
  • ガジェット通信を≫

月刊誌「栄養と料理」の認知症特集で、「認知症の母といっしょに食べる日々のおかず」と題し、介護体験を執筆した大久保朱夏さん。

「言葉のちから、食のちからを生かした介護」を主題にした記事が好評につき、特集監修者である園田康博医師とのトークイベント開催が決定いたしました。司会進行はフリーアナウンサーの村松真貴子さん。ご家族の介護をされている方、介護職員の方々、認知症に興味がある方など、お近くの方は是非参加されてみてはいかがでしょうか。
0001

開催概要

開催概要は以下のとおりです。

イベント名

『栄養と料理』セミナー
認知症はよくなる~「あきらめてはいけない」と教えてくれた食事と言葉の力~

日時

平成28年6月20日(月)18:30~20:00(開場18:00)

場所

毎日新聞社本社(竹橋:パレスサイドビル) B1F「毎日ホール」
〒100-8051 東京都千代田区一ツ橋1-1-1

内容

食生活を工夫することで、穏やかに暮らせるようになったお母様の介護体験や、認知症はなぜよくなる可能性があるのか、トークイベントを通してみなさんに分かりやすく解説いたします。

登壇者


●大久保 朱夏(おおくぼ しゅか)さん
レシピ提案・イベントなどの企画も手がけるフードライター。現在、要介護4の母親の認知症介護中。結婚後、実家を離れて暮らしていたため、気づいたときには病状が進行していたが、食事と言葉のくふうで症状の大きな改善が見られている。ブログ「たべる、つくる、はしる」を運営中。


●園田 康博(そのだ やすひろ)さん
昭和大学第三内科、亀田総合病院等を経て、2015年3月に東京メモリークリニック蒲田を開院。在宅医療、認知症専門医療、神経内科診療、一般内科診療を行なっている。http://memory-clinic.jp/ 大久保朱夏さんのお母様の主治医。


●村松 真貴子(むらまつ まきこ)さん
フリーアナウンサー。NHK「きょうの料理」司会や首都圏向けニュース番組キャスター等を長年務める。著書『イキイキ話し方教室 アナウンサーが伝える5つの上手』ほか。講演などでは「言葉に想いをのせる」コツや「声を出す楽しさ」を伝えている。

参加費

無料

お申込み方法

お申込みならびに場所のご確認は、毎日メディアカフェのイベント案内ページよりお願いいたします。
毎日メディアカフェのイベント案内のページはこちら

※先着100名となっています。

お問い合わせ先

女子栄養大学出版部 『栄養と料理』編集部
メールアドレス:kzashi@eiyo.ac.jp

この記事を書いた人

認知症ONLINE 編集部

認知症ONLINE(オンライン)は、認知症に関する情報を発信する情報ポータルサイトです。認知症の介護でお悩みの方、認知症に関心がある人に向けて、認知症の介護や予防・改善方法、ほっと一息つけるエンタメ情報など、あらゆる情報を分かりやすくお届けします!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
認知症ONLINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP